DJI、「Vlogに関する意識調査」実施〜Vlogの実情を観る

2020-04-03 掲載

DJI JAPAN 株式会社は、SNSに1日1回以上アクセスする10代~40代の男女400名を対象に「Vlogに関する意識調査」を実施した。

■動画コンテンツを「ほぼ毎日」視聴している人は、全体の62%。10代では90%に

5G時代に突入すると動画配信の通信速度は現在の100倍になるといわれている。時間がかかっていた動画読み込みも一瞬となれば、今まで以上に動画を見る回数も増えていくと考えられる。同調査では、今現在でも、全体の62%の人が動画コンテンツを「ほぼ毎日見る」と回答。特に10代では90%という結果が明らかになった。

そんな中「Vlog」に関する認知度は全体では31%で、年代別で見てみると、10代での認知度は約半数の49%、20代で32%、30代では31%、40代では10%と年代によって顕著な差が生まれた。この結果から、デジタルネイティブによるSNSブームの取り込み速度の速さが伺える。

自身で撮った動画をSNSに「投稿したことがある」人の割合も、年代が下がるにつれ高い回答となった。全体でも半数以上の53%が投稿経験者という結果だという。しかし「Vlogに対してどのような行動をしたか」という問いには、「投稿したことがある」と回答した人は全体のわずか9%だった。

■Vlogを月に2回以上投稿している人は68%。動画投稿時の不満トップは「編集が難しいこと」

実際に「Vlogを投稿したことがある」人の中で、月に2回以上投稿している人は68%。性別で見ると、週に2・3回以上と答えた人の数は、女性の33%に対し、男性は約2倍となる64%。おしゃれで凝った編集を行いたい女性に比べ、男性はリアルタイムで“撮って出し”が多いのかもしれない。

動画投稿時に関する不満(投稿をしたことがない人にはハードルになっていること)としては、「不満がない」を除くと、「編集が難しいこと」、「映したくないものが映ってしまうこと」がランクイン。

■人気Vlog1位は「部屋での様子」、Vlogに限らず撮ってみたい動画は「子どもやペットの動画」

Vlogを視聴したことがある、と回答した人によく見る動画を伺ったところ、1位「部屋での様子」、2位「旅行の様子」、3位「料理を作っている様子」というランキングになった。

また、今撮りたい動画のランキングは1位「子どもやペットの動画」、2位「自撮りしながら街歩きしている動画」、3位「空撮動画」という順に。3位の空撮は、航空法の適応外となる超小型のドローン(模型航空機)が販売されていることもあり、以前に比べ格段にハードルが下がったという。

Vlog撮影に便利なOSMOシリーズや超軽量ドローン「Mavic Mini」
■アンケート概要
  • サンプル数:計400名
  • 調査対象:10代~40代の1日に1回以上SNSにアクセスしている男女
  • 調査期間:2020年3月19日~24日
  • 調査方法:インターネットリサーチ
DJI「Vlog」特設サイト

関連する記事

ドローンで溺者を救え!ライフセーバーとドローンの連携プロジェクトがスタート

ドローンとライフセーバーが連携して海水浴場の監視や水難救助を実施するプロジェクトが7月18日に片瀬西浜・鵠沼海水浴場(神奈川県藤沢市)でスタートした。8月末までの土日祝日にドローン... 続きを読む

DJI、ドローンデータを分析するDJI Terraの永久ライセンス発表

DJIは、2019年3月に発表したサブスクリプション形式のソフトウェア「DJI Terra」(ドローンデータをデジタル3Dモデルやマップに変換し、分析や意思決定に役立つ)を、202... 続きを読む

DJI、産業用ドローン定期点検サービス提供開始

DJI JAPAN 株式会社は、建設や設備点検、災害対応などの業務でドローンを使用するDJIユーザーの作業効率を確保し、安心・安全なドローン運用を支援する「DJI 定期点検サービス... 続きを読む

Shell、DJIと提携。Matrice 300 RTKでスマートかつ安全に保守作業を行う

石油・ガス産業では、安全は最優先事項である。広大な石油プラントやタンクファーム検査など安全対策は最も重要であり、危険から作業員を守るために必要なものである。 石油産業大手のS... 続きを読む

DJI、ドローンが救った命がわかる「DJI Drone Rescue Map」公開

これまでにドローンで救助された400人以上の人々がいるという。DJIは、ドローンが誰かを危険から救い出した時の世界各地の出来事を追跡するためのオンラインリファレンス「DJI Dro... 続きを読む