DRONE

SkyDrive、元三菱航空機副社長・岸信夫氏がCTOに就任、日本初の有人飛行試験における技術検証完了

SkyDrive、元三菱航空機副社長・岸信夫氏がCTOに就任、日本初の有人飛行試験における技術検証完了

有人飛行試験の様子

 

株式会社SkyDriveは、三菱航空機株式会社でチーフエンジニア、副社長と要職を歴任した岸信夫氏が、4月1日付で同社のCTO(最高技術責任者)に就任したこと、ならびに、日本初の「空飛ぶクルマ」の有人飛行試験における技術検証第一弾が安全に完了したことを発表した。

左から事業責任者 宮内氏、代表取締役 福澤氏、CTO 岸氏、チーフエンジニア 安藤氏

SkyDriveメンバー

同社の開発プロセスは大きく分けて、技術検証フェーズと耐空証明フェーズの2つがある。2018年12月に無人形態での屋外飛行試験を開始し、以降、数々の技術検証を実施してきたという。そして、2019年12月から開始した有人飛行試験では、現試験機における操縦性と飛行安定性を確認し、その過程を安全に終了した。今後は、人が操縦する事で明らかになった改善すべき特性を設計にフィードバックしていくとしている。

2023年の実用化に向け耐空証明フェーズでは、航空機レベルの開発管理をしていく事が必要不可欠となる。リーン開発を進めてきた同社に、航空機の開発プロセスを熟知した岸氏が加わる事により、安全性を更に考慮した開発プロセスを実施でき、機体開発が加速すると確信している。

岸 信夫氏は次のようにコメントしている。

SPACEJET(旧MRJ)を代表とする、37年にわたる航空機開発の中で培った、型式証明、安全性検証、プロジェクトマネジメント、システムインテグレーションなどの経験、知識を、SkyDrive社が目指す「空の輸送の概念を大きく変える空飛ぶクルマの開発、実用化」に活かしていきます。SkyDriveの社業を通じて、航空機の並みの安全性を確保したリーンな開発プロセス、先進的なコンポーネントの採用、革新的な量産プロセスなど多くの産業を巻き込む、まさに空を翔ける産業革命に貢献できればと思います。

Return Top