Digital Aerolus、新型コロナウイルス用除菌ドローンリリース。紫外線照射で99%除去!

2020-04-21 掲載

Digital Aerolusは、新型コロナウイルス蔓延に対抗するために特Cバンド紫外線(UVC)ライトを搭載し殺菌率99%を誇る初の屋内ドローン「Aertos 120-UVC」を開発した。5月より数量限定で販売を開始しするという。

Aertos 120-UVCは、特許取得済の技術使用で、COVID-19ウイルスに汚染された建物内を安定飛行し、人間自身は、感染部から距離を取ることが可能になる。Digital Aerolus社ドローンは、GPSや外部センサーを使用していないため、狭い場所や狭いスペースなどもマニュアル操縦にはなるが飛行可能だ。

UVC消毒は、ウイルスやその他の病原体を飲料水や病院の表面から排除するために数十年前から使用されており、その応用を裏付ける研究が数多く行われている。Digital Aerolus社の産業用ドローン技術と小型ながら強力なUVCエミッターを組み合わせたAertos 120-UVCは、移動性が高く、費用対効果に優れ、人を危険にさらすことなくCOVID-19の迅速な消毒を実現する。

すでにDigital Aerolusは、この3週間で通常の開発をやめ、この効果的なUVC光照射ツールを開発に注力したという。

この世界的な危機が展開される中、私たちはCOVID-19と戦い、世界中の人々へのリスクを軽減するために、革新的で入手しやすいソリューションの開発に尽力してきました。他の多くの企業と同様に、私たちはこの恐ろしいウイルスと戦うために革新的な技術を開発しており、私たちは困難な環境にウイルスを殺すために独自の技術をどのように使用できるかに注目しています。

殺菌にUVCエネルギーを使用することは新しいことではありませんが、私たちの提供方法は新しいものです。それはパンデミックの中で人々を安全に保つのに役立つので、この方法は重要です。

と同社CEOのジェフ・アルホルム氏は述べている。

Aertos 120-UVC 詳細

Aertos 120-UVCは、36個の光学的に強烈な265 NM LED UVCライトを使用して表面上を飛行。ドローンが表面上6フィートで5分間飛行すると、2×2メートルの表面以上のUVC光照射し、99%以上の除菌を行う。

■Aertos 120-UVC
  • ヘルスケア施設 – 病室、病室、待合室
  • 食料品店 – チェックアウトスペース
  • 飛行機と公共交通機関 – 座席と露出面
  • 業務用共用部 – トイレ、作業室、休憩室の表面エリア
  • 倉庫と製品エリア – 作業面、製品の取り扱いと保管エリア
  • ▶︎DigitalAerolus

    関連する記事

    ドローン市場2020~2025年。成否を知る5つのポイント

    2020年を迎え、商業用ドローン業界には新たな課題、新たな市場参加者、新たなユースケース、規制上のハードルが立ちはだかっている。提携先のDRONEIIが最新ドローン市場レポート「2... 続きを読む

    Wing、ドローン配送でバージニア州の学生に図書館の本を届ける

    バージニア州の司書が思いついたのは、ソーシャルディスタンシングを取りながら図書館の本をドローンで配達して、より多くの子どもたちに読書を奨励するというアイデアだ。そのアイデアが実現し... 続きを読む

    Aerodyne、 COVID-19緊急対応チーム(ACER)、マレーシアでの運用でドローン飛行時間1,000時間を達成

    Aerodyneがマレーシア当局のMCO(移動規制令)が施行され、支援し始めてからちょうど1ヶ月後の5月4日、同社はドローンの飛行時間が1,000時間を超えるというマイルストー... 続きを読む

    Verge Aero、フィラデルフィアの夜空に140機のドローンが舞う。COVID-19最前線の医療従事者に向けて

    フィラデルフィアの空は今週初め、約140機の明るく照らされたドローンで構成された空中ショーでライトアップされた。ドローンの光のショーは、COVID-19パンデミックの最前線にいる医... 続きを読む

    Drone Delivery Canada、重量物、長距離貨物輸送シングルロータードローン「コンドル」の商業試験計画を発表

    Drone Delivery Canada (以下:DDC)は、大型ドローンCondor(以下:コンドル)の商業試験を開始することを発表した。 コンドルは、ペイロード18... 続きを読む