DRONE

UPS、リタイアメントコミュニティーへドローン配送開始

UPS、リタイアメントコミュニティーへドローン配送開始

UPS子会社のUPS Flight Forward (以下:UPSFF)とCVS Health Corporationは、ドローンを使用して、13万5000人以上の住民が住む米国最大のリタイアメントコミュニティであるフロリダ州のThe VillagesにCVS薬局から処方箋薬を配送すると発表した。このサービスでは、MatternetのM2ドローンシステムを使用する。

ドローン輸送は、社時間に敏感な医薬品の迅速な配送オプションを提供する。ドローン配送のオプションは、薬局を訪れる便利な代替手段を個人に提供することになる。また、このプログラムは、ヘルスケアヒーロー(医療従事者)の保護を優先的に支援することができる。

当社の新しいドローン配送サービスは、CVSがこの大規模なリタイアメント・コミュニティに医薬品を安全かつ効率的に配送するのを支援し、住民が自宅を離れることなく薬を受け取ることを可能にします。”UPSは、コロナウイルスの蔓延との戦いでその役割を果たすことにコミットしており、これは革新的なソリューションでヘルスケアの顧客や個人をサポートすることができるもう一つの方法です。

と、UPSの最高戦略・変革責任者であるスコット・プライスはコメントしている。

昨年の医療用処方箋の初のドローン配送実験

UPSとCVSは昨年にドローン配送利用を共同で検討する計画を発表した。両社は2019年11月、ノースカロライナ州ケーリーのCVS薬局からの医療用処方箋の初のドローン配送実験を成功させている。

これまで以上にお客様が処方箋を元に薬剤にアクセスできることが重要になっています。"店舗でのピックアップ、無料配送サービス、ドライブスルーピックアップに加え、このドローン配送サービスは、一部のお客様に手を差し伸べるための革新的な方法を提供します。

と、CVSヘルスのエグゼクティブ・バイス・プレジデント兼チーフ・オペレーティング・オフィサーであるジョン・ロバーツ氏は述べている。

フロリダ州中部のThe Villagesでの新しいサービスは、連邦航空局のパート107規則の下で5月上旬に開始され、パンデミックの流行期間中に運営し、その後も継続的なニーズが発生した場合にはそれを調査する権限が与えられている。このオペレーションは、この地域にある2つの追加のCVS薬局からの配達を含むように拡大する可能性がある。

最初のフライトは半マイル以下の距離で、リタイアメント・コミュニティの近くの場所に配達される予定だ。最初は、地上の車両が入居者のドアまで配達を完了させる仕組みになっている。それでも緊急の場合は、目的地に薬を届けるにはこの方法が一番早いのだ。

すでにUPSとマッターネットは、ノースカロライナ州ローリーにあるウェイクメドの基幹病院とキャンパスで収益を生み出すドローン配送サービスを開始し、FAAのパート107規則の下、現在までに3,700回以上のフライトを完了させた実績がある。

また、UPSは2019年6月にUPSFFを設立し、その後、2019年9月にドローン航空会社を運航するための連邦航空局の標準パート135航空会社の認証を取得した。両社はその後、カリフォルニア大学サンディエゴ校の保健システムでサービスを開始し、これもFAAのパート107規則に基づいている。

MatternetのM2ドローンシステムを使用

UPSFFは、新コロナウイルス感染症の蔓延を食い止めるためのヘルスケア業界の戦いを支援するための展望を探ってきた。4月には、同社は、ウイルスの拡散を食い止めるための戦いにおいて、無人の航空システムが医療従事者をどのように支援できるかを判断するために、米国政府やパートナーと共にバージニア州で行われたテストへの参加を発表した。

▶︎UPS
DJI AIR 2S
Return Top