Verge Aero、フィラデルフィアの夜空に140機のドローンが舞う。COVID-19最前線の医療従事者に向けて

2020-05-08 掲載

フィラデルフィアの空は今週初め、約140機の明るく照らされたドローンで構成された空中ショーでライトアップされた。ドローンの光のショーは、COVID-19パンデミックの最前線にいる医療従事者へのオマージュである。

ドローンは、ペンシルバニア大学病院とペンシルバニア小児病院に向かって、高さ400フィートで飛行したという。 彼らは、手洗いや健康への取り組みに関連したさまざまな画像を形成した–病気の感染率を遅らせるための取り組みを表している。

このショーは、照明効果を使って医療従事者に敬意を表する「#LightItBlue」と呼ばれる世界的なキャンペーンの一環だ。#LightItBlueは3月にイギリスで始まったが、すぐにアメリカにも広がり、ビルや橋、その他のランドマークがライトアップされて医療従事者に敬意を表している。もちろん日本でも青色に町がライトアップされている。ドローンのライトショーは、#PhillyShinesBlueと呼ばれる地元の賛辞の取り組みにも結びついている。

このショーは、ドローンのライトショーを専門とする地元企業であるVerge Aeroによって実行された。

これは、これらの勇敢な英雄たちと連帯するために、私たちのリソースと専門知識を寄付する機会でした。

と、同社のニルス・トールユッセン最高経営責任者(CEO)はコメントした。同社は、カスタムプログラミングを必要とせず、クライアントが数時間でドローンのライトショーをデザインできるソフトウェアプラットフォームを提供している企業である。

このショーは、パンデミックに対抗するための社会的距離を置く取り組みに負けるような群衆を集めることを避けるために、事前発表されずに行われたという。

私たちは、これらのヒーローたちのためだけにショーを飛ばし、人ごみのない安全な環境で楽しんでもらいたかったのです。

とThorjussen氏はコメントしている。その模様は、Verge Aeroが多くのビデオを撮影し、世界中の人々と共有している。

その中では、ドローンが形作る様々なテキストやイラストを見ることが可能だ。ハート、虹、青い十字架、そして “Thank U Heroes “という言葉が含まれている。また、自由の鐘のイメージでフィラデルフィアの歴史を紹介していく内容になっている。

ペンシルバニア大学だけでなく、連邦航空局(FAA)や地元当局とも協力して、多くの事前計画と力が必要だったことは言うまでもない。 この空域は、緊急治療のために患者を搬送する複数のヘリポートに近接しているため、最新の注意が払われたと言う。このパンデミックがいつ終息するのかは未だ見えていないが、多くの人とドローンショーを楽しむ日が来ることを祈りたい。

▶︎Verge Aero

関連する記事

T2R、LEDドローンで上空に動画アニメーションを描く情報発信・拡散サービス開始

ドローン・ライトショーを展開するT2R (ティーツーアール) は、多数のLEDドローンを飛行させて上空に立体的な動画アニメーションを描くことで、商品やロゴ、メッセージを発信・拡散さ... 続きを読む

VRからドローンへ、パルマーラッキー氏が軍事用ドローンGHOST4発表

Anduril社が発表した最新ドローンは、米国製造されたタクティカル向けシングルローター仕様のGhost4だ。多目的ドローンであり、航空情報、監視・偵察、貨物輸送、侵入対策、信号情... 続きを読む

DAMODA、群衆飛行を3150機でギネス世界記録を更新

ドローンライトショーは、多数のLEDドローンを飛行させ、上空にアニメーション描くものである。ドローンならではの自動制御によるエンターテイメントとも言える。群衆飛行を担当した企業は、... 続きを読む

DJI、 プログラム可能なRoboMaster TT発表。Telloをベースに群衆飛行も可能

DJIは8月下旬にRoboMaster TT(Tello Talent)をリリースした。このドローンは、教育部門であるDJI EducationがTelloをベースに、LEDライト... 続きを読む

ドローン市場2020~2025年。成否を知る5つのポイント

2020年を迎え、商業用ドローン業界には新たな課題、新たな市場参加者、新たなユースケース、規制上のハードルが立ちはだかっている。提携先のDRONEIIが最新ドローン市場レポート「2... 続きを読む