VFRとACSL、用途別産業用ドローン共同開発に向けて協業開始

2020-05-12 掲載

VFR株式会社は、株式会社自律制御システム研究所(以下:ACSL)と日本国内市場向けの用途別産業用ドローンの機体開発において2020年5月より協業を開始した。同協業を皮切りに、VFRはドローン産業発展のためのエコシステム構築に向けて、その他にも様々なパートナーシップの構築を随時検討し、実施するという。

共同開発に取り組む予定の既存機体(左からMINI、PF2)

VFRはドローンによる社会インフラの革新を推進・加速する機体およびコンポーネントの開発、ソリューションの提供を目的に2020年3月に設立。親会社であるVAIO株式会社のPC事業で培った高度な設計・製造技術や国内外のサプライチェーンのマネジメント能力等の強みを活かし、多様な関係者とのオープンな共創を通じて、ドローンの可能性を拡張し、発展させていくことを目指している。

ACSLは、高い画像処理・AI技術による最先端の自律制御システムを有し、高性能なドローンの開発から販売までを担う、国内ドローン業界を牽引する企業。今後、コアとなる独自技術の開発に投資を行い、量産モデルをよりスピーディに市場に投下するべく、積極的に外部パートナーと連携する方針を掲げていくという。

VFRとACSLは共に、国内における産業用ドローンの本格的な普及には、用途別に性能・機能が最適化された社会実装可能な量産機体及びソリューションの開発が急務であるという課題意識を持っている。両社の知見や技術的な強みを掛け合わせることでその解決により大きく貢献していきたいという考えが一致したことから、同協業が実現したという。

VFRのコンピューティング技術・ロボティクス技術とACSLの機体開発技術・自律制御技術等を活用し、ACSLの既存機体(PF-2、MINI等)のアップデート並びに用途別に最適化した新機体の共同開発を行い、2021年以降の順次導入を目指している。加えて、機体開発にとどまらず、高度な産業用ソリューションを開発していくことも視野に入れ、共同での調査・検討を開始する。

VFR株式会社

関連する記事

ACSL、風と流れのプラットフォーム「特定利用課題」採択される

ACSL-PF2物流用ドローン 株式会社自律制御システム研究所(以下:ACSL)は、文部科学省 先端研究基盤共用促進事業(共用プラットフォーム形成支援プログラム)の支援を受け... 続きを読む

ACSL、エアーズ、JUAVAC、物資輸送におけるドローンの安全性と運用者安全運航の専門カリキュラム提供開始

ACSL-PF2物流用ドローン。往復飛行(荷物配送後、そのまま再離陸)が可能なキャッチャー(荷物搭載機構)を搭載 株式会社自律制御システム研究所(以下:ACSL)、株式会社エ... 続きを読む

ブルーイノベーション、多彩なソリューションを展 [Japan Drone 2020]

棚卸しソリューション用のACSL Mini。機体下部にRFIDを搭載している 毎回さまざまな分野のソリューションを展示している株式会社ブルーイノベーションのブース。今回も... 続きを読む

ACSL×エアロネクスト「ライセンス契約」からはじまる未来を語る

株式会社自律制御システム研究所(以下:ACSL)と株式会社エアロネクストは、2020年8月31日に機体構造設計技術4D GRAVITYを搭載した産業用ドローンの共同開発契約と、量産... 続きを読む

エアロネクストとACSL、「4D GRAVITY」搭載ドローン共同開発と量産に向けライセンス契約締結

株式会社エアロネクストと株式会社自律制御システム研究所(以下:ACSL)は、ドローンの基本性能を向上させるエアロネクストの機体構造設計技術「4D GRAVITY」を搭載した産業用ド... 続きを読む