FAA、「リモートID」について、AirBus、Amazonなど技術協力8社を選定。技術仕様を固め、普及に着手

2020-05-12 掲載

FAA(米国運輸省連邦航空局)は、昨年発案説明された、リモートID(遠隔識別)サプライヤー要件を確立するために認定の8社を発表した。リモートIDは、ドローンがアメリカ空域内で活動している間に、遠隔からでも識別情報や位置情報を確認できるナンバープレートのようなものである。

FAAは、将来のリモートID UASサービスサプライヤー(以下:USS)の技術要件を開発するために、以下8社の企業を選定した。Airbus、AirMap、Amazon、Intel、One Sky、Skyward、T-Mobile、Wing。これらの企業は、2018年12月の情報提供要求(Request for Information)プロセスを通じて選定された。ほとんどがアメリカ国内企業であり、ドローン企業として大手のDJIは含まれていない。

FAAは、これらのテクノロジー企業のリモートIDに関する知識と専門知識から、わが国の空域へのドローンの安全な統合を進めることができるようになります。

と、米国運輸省のエレイン・L・チャオ長官はコメントしている。

今回の8社から技術協力を得て、リモートIDの技術仕様を固め、飛行中のドローンの識別と位置情報を安全・保安当局に提供するものとなる。この技術は、提案されているリモートIDルールと同時に開発されている。アプリケーション要件は、最終ルールが公表された際に発表される予定だ。その後、FAAは、リモートIDのサプライヤーとなる事業体の申請受付を開始する。その他すべての条件が揃い次第、FAAのサイトでリモートID USSになるための申請が可能になる予定だ。

ドローンはロジスティック分野で急速に成長しており、現在、アメリカでは、150万台近くのドローンと16万人のパイロットがFAAに登録されている。

FAAがこのルールと同時にリモートID技術を開発できることで、FAAは、小型UASルールと低高度認可・通知機能(LAANC)の実装を通じて世界的なリーダーシップを発揮してきたUAS交通管理(UTM)システムを継続的に構築することが可能となり、ほとんどのUASオペレーターが空域認可を取得するための申請・承認プロセスを自動化可能になる。

最終的には、産業用飛行に限らず、FAA管制空域でのドローンには、リモートIDが割り振られることが義務化される。

▶︎FAA

関連する記事

Walmart、年末にドローンライトショー“Holiday Drone Light Show”無料開催

すっかり年末となった2020年、あと一ヶ月で2021年を迎える。今年は少しばかりいつもとは違う年になったが、世界最大のスーパーマーケット企業であるWalmartでは、「Walmar... 続きを読む

Amazon、ドローンでスキーヤーやサーファーを牽引、新特許出願で明らかに

先日Amazonが本格的にPrime Airでドローン配送のFAA認可をお伝えしたばかりだが、Amazonはドローンを配送だけに使用するわけではないようだ。Amazonが出願した新... 続きを読む

Amazon、Prime Air FAA認可。空からの配送、さらに現実化

FAA(連邦航空局)は、Amazonに対してドローン配送サービスを開始するための規制空域の許可をした。FAAは、Amazonが取り組んでいる配送ドローンサービスであるPrime A... 続きを読む

Amazon、自動運転のZoox社を買収

Zooxは、「乗客のことを第一に考え、自律走行技術をゼロから設計することで、ライド・ハイリングの未来を開拓している先進的なチーム」と表現されており、ZooxのCEOであるAicha... 続きを読む

Wing、ドローン配送でバージニア州の学生に図書館の本を届ける

バージニア州の司書が思いついたのは、ソーシャルディスタンシングを取りながら図書館の本をドローンで配達して、より多くの子どもたちに読書を奨励するというアイデアだ。そのアイデアが実現し... 続きを読む