NASA、 ラングレー研究センターeVTOL 「Langley Aerodrome 8」開発順調に進行中

2020-05-14 掲載
imge Credits: NASA

NASAラングレー研究センターが発表した新しい映像には、Langley Aerodrome 8 (以下LA-8)が紹介されている。これはモジュール式無人航空機で、eVTOL航空機のさまざまな技術や構成が都市環境でどのように機能するか調査するために開発された。

LA-8は可変ピッチのプロペラを採用している。そのため、プロペラの速度範囲が約50%拡大される。より良い離陸と揚力、より高い最高巡航速度、バッテリー消費量の節約、より良い全体的な制御が可能になる。

研究責任者のデイビッド・ノース氏は、以下のようにLA-8のことを語る。

都市のエアモビリティのための飛行実験室と表現しており、LA-8の名前はサミュエル・P・ラングレーにちなんで付けられています。無人システムを探求する上で、ラングレーの仕事に敬意を表するのはふさわしいと思いました。

NASAによると、ラングレーは1890年代後半に無人航空機の名前をつけた際にエアロドロームという言葉を生み出した。

imge Credits: NASA
▶︎NASA Langley Research Center

[Category:]
[TAG : ]

関連する記事

Swift Engineering、NASA共同プロジェクト“SULE”初フライト成功

Swift Xiの親会社であるSwift Engineering Incは、アメリカ航空宇宙局(NASA)エイムズ研究センターの協力により、高高度滞空型無人航空機(Swift Ul... 続きを読む

Embraer、eVTOL専用シミュレータで初飛行。今後の開発や運用に使用

Embraerはブラジル最大、世界第3位の航空機製造会社でもある。その航空機メーカーのeVTOL部門であるEmbraerXは、ブラジルのサンホセ・ドス・カンポスで、eVTOLシミュ... 続きを読む

あいおいニッセイ同和損保、Joby Aviationへ出資。空飛ぶタクシーにいち早く取り組む姿勢

JobyのeVTOL MS&ADインシュアランスグループのあいおいニッセイ同和損害保険株式会社(以下:あいおいニッセイ同和損保)は、eVTOL(空飛ぶクルマ)の開発・実用化を進め... 続きを読む

Wisk、Pete Kunz博士をCTOに迎え強化を図る

またUAMの世界に大きな動きが見られた。世界初の電気自動車タクシーを開発したUAM(アーバン・エア・モビリティ)企業であるWiskは、Pete Kunz博士が取締役として同社に参加... 続きを読む

Urban Aeronautics、CityHawk水素駆動化のためにHyPointと提携

イスラエル拠点のUrban Aeronauticsは、二酸化炭素排出量ゼロの水素電力をeVTOL CityHawkに実装する契約をHyPointと締結した。 ... 続きを読む