NASA、 ラングレー研究センターeVTOL 「Langley Aerodrome 8」開発順調に進行中

2020-05-14 掲載
imge Credits: NASA

NASAラングレー研究センターが発表した新しい映像には、Langley Aerodrome 8 (以下LA-8)が紹介されている。これはモジュール式無人航空機で、eVTOL航空機のさまざまな技術や構成が都市環境でどのように機能するか調査するために開発された。

LA-8は可変ピッチのプロペラを採用している。そのため、プロペラの速度範囲が約50%拡大される。より良い離陸と揚力、より高い最高巡航速度、バッテリー消費量の節約、より良い全体的な制御が可能になる。

研究責任者のデイビッド・ノース氏は、以下のようにLA-8のことを語る。

都市のエアモビリティのための飛行実験室と表現しており、LA-8の名前はサミュエル・P・ラングレーにちなんで付けられています。無人システムを探求する上で、ラングレーの仕事に敬意を表するのはふさわしいと思いました。

NASAによると、ラングレーは1890年代後半に無人航空機の名前をつけた際にエアロドロームという言葉を生み出した。

imge Credits: NASA
▶︎NASA Langley Research Center

[Category:]
[TAG : ]

関連する記事

英国王立航空協会がeVTOLデザインコンテスト開催

英国王立航空協会は、一般航空分野における大規模なイノベーションを促進することを目的とした第4回デザインコンペの応募受け付け中、今回は特にeVTOLに焦点を当てているのが特徴だ。 ... 続きを読む

GA-ASI、NASAと共同で遠隔操縦無人機デモフライトを南カリフォルニアで実施

米ジェネラル・アトミクス・エアロノーティカル・システムズ社(以下:GA-ASI)は、NASA(米国航空宇宙局)と共同で遠隔操縦無人機SkyGuardianのデモフライトを、4月上旬... 続きを読む

F1レースの未来は、空飛ぶF1レースなのか?Airspeederが描く未来のレース

次世代F1レースに変わり、電気自動車レースのフォーミュラEシリーズが構想されたのは2011年。それから10年近くが経ち、自動車は、EV車の量産化への道を歩もうとしている。eVTOL... 続きを読む

SkyDrive、元三菱航空機副社長・岸信夫氏がCTOに就任、日本初の有人飛行試験における技術検証完了

有人飛行試験の様子  株式会社SkyDriveは、三菱航空機株式会社でチーフエンジニア、副社長と要職を歴任した岸信夫氏が、4月1日付で同社のCTO(最高技術責任者)に就任したこと... 続きを読む

Lilium、2025年までのエアタクシーサービスを目指し、さらに2億4000万ドルを調達

ドイツのeVTOL開発企業Liliumは、2億4000万ドル以上の内部資金調達ラウンドを完了し、これまでの総投資額は3億4000万ドル以上となったと発表した。 ... 続きを読む