Liberaware、IBISを活用したJR新宿駅天井裏点検を実施

2020-05-15 掲載
設備点検用小型ドローン「IBIS」

株式会社LiberawareとJR東日本スタートアップ株式会社は、JR東日本スタートアッププログラム2019の一環として、世界最小クラス「IBIS」を活用した新たな点検手法についての実証実験を行った。

駅舎などの改良工事やメンテンナンスにおいては、電車の終電から始発までの限られた時間にしか行うことができず、作業をいかに短時間に効率良く行うかが重要ポイントとして挙げられている。しかし天井裏の点検は、天井面を一つずつ外しながらの作業であるため、非常に時間を要する業務の一つであり、改善を図ることが急務だという。

同実証実験では、実際の駅舎(JR新宿駅)の天井裏をIBISに飛行させ、どのスペースまで飛行できるか、撮影した映像は点検に資するレベルのものであるか等をジャッジした。合わせて、IBISが撮影した動画をもとに点群データを生成し、距離計測や図面化の作業が効率化できるかを確認。その動画から配管やケーブルなどの計測や3D化にも成功し、天井裏の状況確認業務について、ドローン活用の有用性や業務効率化の可能性を確認した。

今後は、より精度を高めるための検証を行なっていき、人が直接入れない場所(高い・狭い・危ないなど)の点検において、作業負担軽減や生産性向上につながる新たな点検手法の確立を目指すとしている。

Liberaware

関連する記事

Liberaware、約2.6億円の資金調達実施。累計調達額5.5億円に到達

産業用ドローン「IBIS」 株式会社Liberawareは、みやこ京大イノベーション2号投資事業有限責任組合、価値共創ベンチャー2号有限責任事業組合、 DRONE FUND(... 続きを読む

Liberaware、図書館の「AI蔵書点検システム」試験導入において特殊小型ドローン「IBIS」の書架自動撮影検証を実施

自動巡回の様子 株式会社Liberawareは、京セラコミュニケーションシステム株式会社(以下:KCCS)の千葉県船橋市・西図書館における「AI蔵書点検システム」試験導入に伴い、... 続きを読む

Liberaware、第三者割当増資による資金調達実施。IBIS次世代機開発・データプロバイダ事業を加速

株式会社Liberawareは、2019年9月にNECキャピタルソリューション株式会社と株式会社ベンチャーラボインベストメントが運営する価値共創ベンチャー2号有限責任事業組合(以下... 続きを読む

Liberaware、一酸化炭素検知機搭載ドローンの開発を開始。屋内の有害ガスをドローンで検知

株式会社Liberawareは、屋内環境において、一酸化炭素(CO)や硫化水素(H2S)といった有毒ガスを検知する機能を搭載した産業用小型ドローンの開発を開始した。 同社は、... 続きを読む

Liberaware、屋内空間点検用ドローンのレンタル事業を開始

株式会社Liberawareは、2019年4月上旬より屋内の狭所空間で利用できる点検用ドローンのレンタル事業を開始する。 同レンタル事業は、屋内空間の点検作業に用いる... 続きを読む