Diehl Aerospace、Volocopter用フライトコントローラー製造開始

2020-05-18 掲載

航空宇宙サプライヤー大手Diehl Aviation社の子会社であるDiehl Aerospace社が、Volocopter社とフライトコントロールコンピューター(FCC)の開発・製造契約を締結した。Volocopter社は、パッセンジャードローン、アーバンモビリティーを主導するメーカーでもある。

今回の契約により、Diehl Aerospace社は、Volocopter社の「eVTOL」のプライマリおよびバックアップ制御コンピュータを含むFCCを供給することになる。VoloCityとネーミングされた機体を開発。Volocopter社との契約は、Diehl Aviation社が都市型エアモビリティ(UAM)市場に参入したことを意味する。

同社は、民間航空機や軍用プラットフォームのメーカーにキャビンインテリアや航空機システムを提供するリーディングサプライヤーとして確固たる地位を築いてたが、UAM市場は同社のポートフォリオに加えることになる。

Diehl Aerospace社は、数十年にわたり大手航空会社や航空機に飛行制御システムを提供してきた確かな実績があり、この分野での専門知識をeVTOLプラットフォームにも応用できる可能性があると考えている。新興のUAM市場は、特に電気推進やモバイルITサービスとの組み合わせにより、将来的には都市型モビリティーソリューションにおいて大きな役割を果たすことが期待されている。

ディールの拠点ではすでに、Volocopterのワークパッケージの初期開発作業が開始されている。Volocopter用のDiehl FCCSの認証は2021年に予定されており、VoloCityの初飛行とサービス開始は今後2~4年以内になると予想されている。

VoloCity designed by Volocopter supported by Mercedes-Benz Design.© Volocopter

同社は、ディールのフライトコントロールの専門知識をeVTOLプラットフォームに応用するだけでなく、キャビンインテリアや統合機能など、同社のポートフォリオの中の他の製品の新たな市場の可能性にも目を向けている。

▶︎Diehl Aviation
[Category:]
[TAG : ]

関連する記事

Volocopter、シンガーポールにて有人飛行を無事完了。サービス開始に一歩

Volocopterは、UAV(無人航空機)とMAV(Manned aerial vehicle:有人航空機)の2つのラインナップされているパッセンジャードローンメーカーだ。有人、... 続きを読む

次の高級車はドローンかもしれない。パッセンジャードローンがかなえる未来の移動手段

Drone編集部でも何度か取り上げているパッセンジャードローン(有人飛行ドローン)。2018年となりますますの盛り上がりを見せている。未来の高級自動車はロードスターではなく、パッセ... 続きを読む

2016年第二四半期ドローン企業ランキングTOP20を発表!

Droneii.comが商業用ドローンに関わる企業の2016年第二四半期ランキング上位20社を発表した。このランキングでは、ドローン本体の製造メーカーだけではなく、ソフトウェアやシ... 続きを読む

有人マルチコプター空を飛ぶ?!VOLOCOPTER VC200いよいよ御披露目!

© e-volo, by Nikolay Kazakov 今年のCES2016で物議を醸した全自動飛行1人乗りドローン「EHANG184」。今回は実際に3月30日に飛行実証実験ま... 続きを読む