テラ・ラボ、3億円資金調達。災害対策長距離無人航空機の実用化・事業化へ

2020-05-20 掲載
実用化を目指す長距離無人航空機

株式会社テラ・ラボは、DRONE FUND、商工組合中央金庫等の金融機関から総額3億円の資金調達に成功し、令和元年度に採択を受けた2つの補助事業を完遂した。

飛行試験中の長距離無人航空機 無人航空機自動制御の様子

事業を完了させた2つの補助事業では、航空測量技術(写真測量、レーザー測量)を応用した3次元モデル生成を行い、南海トラフ巨大地震をはじめとした大規模災害発生時に活躍する衛星通信制御長距離無人航空機及び車両型地上支援システム、機体で収集した情報の共有システムの開発を目標としていた。

地上支援システム(車両型)

今年度は、この航空測量技術を活用した大規模災害対応技術の実用化・事業化を目指して、有人機との衝突回避技術の搭載といった開発中機体の更なる高度化を推進させるとしている。

▶︎株式会社テラ・ラボ

関連する記事

Liberaware、約2.6億円の資金調達実施。累計調達額5.5億円に到達

産業用ドローン「IBIS」 株式会社Liberawareは、みやこ京大イノベーション2号投資事業有限責任組合、価値共創ベンチャー2号有限責任事業組合、 DRONE FUND(... 続きを読む

JIW、インフラ事業者を中心とした7社と資本業務提携へ

株式会社ジャパン・インフラ・ウェイマーク(以下:JIW)は、同社に東京電力パワーグリッド株式会社、北陸電力株式会社、大阪ガス株式会社、西部ガス株式会社、東洋エンジニアリング株式会社... 続きを読む

国際航業、KDDIと合同でドローンの「レベル3飛行」による森林資源調査を実施

日本アジアグループ株式会社傘下の国際航業株式会社は、KDDI株式会社と合同で、兵庫県と神戸市が連携して進めている「ドローン先行的利活用事業」において、地方自治体として全国初の「レベ... 続きを読む

「エアモビリティ前提社会に向けて新たな交通秩序を共創する」シンポジウム開催レポート

画像は会場全体の様子 慶應義塾大学で2020年1月27日、「エアモビリティ前提社会に向けて新たな交通秩序を共創する」というテーマのシンポジウムが開催された。空と陸の交通が交差... 続きを読む

Drone Future Aviation、Drone Fundから1億円の第三者割当増資による資金調達を実施

株式会社Drone Future Aviation(以下:DFA)は、Drone Fundからシードラウンドにて1億円の資金調達を行ったことを発表した。 DFAは「ドロ... 続きを読む