英国王立航空協会がeVTOLデザインコンテスト開催

2020-05-25 掲載

英国王立航空協会は、一般航空分野における大規模なイノベーションを促進することを目的とした第4回デザインコンペの応募受け付け中、今回は特にeVTOLに焦点を当てているのが特徴だ。

英国王立航空協会の最新の一般航空デザインコンペでは、救急搬送用のeVTOLデザインを募集している。軽飛行機協会との提携により実施されるこのコンテストは、個人でもチームでも、世界中の工学系の学生や大学院生、専門家、アマチュアの航空機設計者からの応募が可能だ。

ハリケーンがカリブ海に浮かぶドミニカ島を襲い、ほとんどすべての建物が破壊され、ほとんどの道路が封鎖されている。負傷した人々を避難させるためにeVTOL機が必要とされている。

とコンテストのお題が掲げられている。さらにデザインされるeVTOLには、パイロット、アテンダント、ストレッチャーケースを搭載し、50フィートまでの垂直離陸および50フィートからの垂直降下が可能である必要がある。他の制約事項は、チルトウイング、チルトスラスト、またはチルトローターの構成にする必要がある。欧州連合航空安全局の小型VTOL機の特別条件の要件に準拠した一般的な特性も含まれる。

各エントリーには、設計図と詳細な計画書、X-Planeまたは互換性のあるシミュレータで評価するための設計の飛行モデルを添付が必須となる。エントリーの締め切りは8月31日で、受賞者は11月16日に開催される王立航空協会のGA Light Aircraft Design Conferenceで発表される。

▶︎GA Light Aircraft Design Conference

[Category:]
[TAG : ]

関連する記事

大阪府吉村知事、「空の移動革命社会実装大阪ラウンドテーブル」設立宣言!SkyDrive参画へ

「空の移動革命社会実装大阪ラウンドテーブル」設立式の様子 パネルを持つ3名 左から、慶應義塾大学大学院教授 中野冠氏、大阪府知事 吉村洋文氏、SkyDrive代表取締役CEO 福... 続きを読む

Alaka’i Technologies、NASAと「空飛ぶクルマ」機体パートナー選出へ。唯一の水素燃料電池搭載

NASAは、Alaka’i Technologies(以下:Alaka’i)がNASAのAdvanced Air Mobility National Campaign(先進的エ... 続きを読む

GA-ASI、遠隔操縦無人機シーガーディアン飛行実証を日本で開始

米ジェネラル・アトミクス・エアロノーティカル・システムズ社(以下:GA-ASI)は、アジア航測株式会社と協業し、青森県八戸市でGA-ASI製の遠隔操縦無人機MQ-9B「SeaGua... 続きを読む

「瀬戸内ドローン映像祭」ストーリー部門、アメージング部門、テクニカル部門のグランプリ発表!

一般社団法人瀬戸内ドローン推進協議会とDRONE-BIZは、ドローン空撮映像コンテスト「瀬戸内ドローン映像祭」のストーリー部門、アメージング部門、テクニカル部門のグランプリ作品をW... 続きを読む

JAL、エアモビリティ分野でVolocopterと業務提携

Volocopterの物資輸送用eVTOL機「Volodrone」 日本航空株式会社(以下:JAL)は、Volocopter GmbH(以下:Volocopter)とエアモビ... 続きを読む