英国王立航空協会がeVTOLデザインコンテスト開催

2020-05-25 掲載

英国王立航空協会は、一般航空分野における大規模なイノベーションを促進することを目的とした第4回デザインコンペの応募受け付け中、今回は特にeVTOLに焦点を当てているのが特徴だ。

英国王立航空協会の最新の一般航空デザインコンペでは、救急搬送用のeVTOLデザインを募集している。軽飛行機協会との提携により実施されるこのコンテストは、個人でもチームでも、世界中の工学系の学生や大学院生、専門家、アマチュアの航空機設計者からの応募が可能だ。

ハリケーンがカリブ海に浮かぶドミニカ島を襲い、ほとんどすべての建物が破壊され、ほとんどの道路が封鎖されている。負傷した人々を避難させるためにeVTOL機が必要とされている。

とコンテストのお題が掲げられている。さらにデザインされるeVTOLには、パイロット、アテンダント、ストレッチャーケースを搭載し、50フィートまでの垂直離陸および50フィートからの垂直降下が可能である必要がある。他の制約事項は、チルトウイング、チルトスラスト、またはチルトローターの構成にする必要がある。欧州連合航空安全局の小型VTOL機の特別条件の要件に準拠した一般的な特性も含まれる。

各エントリーには、設計図と詳細な計画書、X-Planeまたは互換性のあるシミュレータで評価するための設計の飛行モデルを添付が必須となる。エントリーの締め切りは8月31日で、受賞者は11月16日に開催される王立航空協会のGA Light Aircraft Design Conferenceで発表される。

▶︎GA Light Aircraft Design Conference

[Category:]
[TAG : ]

関連する記事

Autoflight、V400発表、つづく新eVTOL機ライナップもアナウンス〜Yuneec創始者が見る夢は?

中国とドイツを拠点とするAutoflightは、物流や旅客輸送のためにさらなる大型eVTOL開発を行っている。最新貨物用ドローン“Albatross(V400)”を中国深圳で開催さ... 続きを読む

「Japan Drone 2020」第5回ジャパンドローン 9月29日より、幕張メッセで開催!オンラインチケットも発売中

Japan Drone 2020が、いよいよ9月29日(火)、30日(水)の両日、幕張メッセで開催される。第5回目となるJapan Drone 2020は、春に開催予定であったが、... 続きを読む

KLM、V字型次世代機「Flying-V」プロトタイプ初飛行

2020年は、簡単に海外旅行に行くことができない。そんな中、KLMオランダ航空は9月7日、デルフト工科大学と2040年以降の実用化を目指す次世代旅客機「Flying-V」のプロトタ... 続きを読む

EHang、航空救急車開発国際プロジェクト「Ambular」に参加

AAV技術プラットフォーム企業であるEHangが、医療救急用のAAV開発を目指す国際プロジェクト「Ambular」への参加を決定した。このプロジェクトは、ICAO(国際民間航空機関... 続きを読む

Embraer、eVTOL専用シミュレータで初飛行。今後の開発や運用に使用

Embraerはブラジル最大、世界第3位の航空機製造会社でもある。その航空機メーカーのeVTOL部門であるEmbraerXは、ブラジルのサンホセ・ドス・カンポスで、eVTOLシミュ... 続きを読む