SkyFarm、DJI MG-1用「散水ホースアタッチメントシステム」販売開始

2020-05-26 掲載

SkyFarm®(スカイファーム)は、DJI Agras MG-1シリーズに散水ホースを装着するアタッチメント「散水ホースアタッチメントシステム」を発売する。また、合わせて同システムを用いたソーラーパネル洗浄、温室ハウス洗浄サービスを開始する。

■「散水ホースアタッチメントシステム」の3つの特徴

1.国内で最も使われている農業用ドローンの活用範囲を拡大

同製品は、現在国内農業用ドローンの分野でシェア最多を占める農業用ドローンDJI Agras MG-1シリーズに、地上から液剤を圧送する散水ホース及び専用ノズルを装着するアタッチメント。このシステムの導入により既存農業用ドローンの活用の道を開くことにつながり、農閑期には使い途がなくなるという農業用ドローンの課題を解決する。

2.地上のタンクから圧送される液剤を大量散布することが可能

従来の空中散布用ドローンは、一度に散布できる液剤の量はタンク容量に依存していたが(1フライトでの散布量は10~16リットル)、同製品は 地上の大容量タンクに繋がった散水ホースを通して液体の散布が可能となるため、これまで不可能だった大量の液剤散布(1フライトで130リットル超程度)が可能となる。地上からの液剤の圧送には、農業シーンで多く利用されている動噴と高圧ホースを利用するため、農家がこのシステムを導入する際には、既存の設備を活用することが可能となり、また、使い慣れた通常希釈倍数(1000倍等)の農薬等を空中からの散布に使用することができる。

3.専用ノズルの搭載によりミスト粒状の変更が容易に可能

同製品には、専用ノズルが装備されており、散布対象や用途に応じてミスト粒状を容易に変更することが可能。これにより、多くの作業シーンで一つの機体とアタッチメントを活用することが可能になるとしている。

SkyFarm®(スカイファーム)

関連する記事

DJI、ドローンデータを分析するDJI Terraの永久ライセンス発表

DJIは、2019年3月に発表したサブスクリプション形式のソフトウェア「DJI Terra」(ドローンデータをデジタル3Dモデルやマップに変換し、分析や意思決定に役立つ)を、202... 続きを読む

DJI、産業用ドローン定期点検サービス提供開始

DJI JAPAN 株式会社は、建設や設備点検、災害対応などの業務でドローンを使用するDJIユーザーの作業効率を確保し、安心・安全なドローン運用を支援する「DJI 定期点検サービス... 続きを読む

Shell、DJIと提携。Matrice 300 RTKでスマートかつ安全に保守作業を行う

石油・ガス産業では、安全は最優先事項である。広大な石油プラントやタンクファーム検査など安全対策は最も重要であり、危険から作業員を守るために必要なものである。 石油産業大手のS... 続きを読む

DJI、ドローンが救った命がわかる「DJI Drone Rescue Map」公開

これまでにドローンで救助された400人以上の人々がいるという。DJIは、ドローンが誰かを危険から救い出した時の世界各地の出来事を追跡するためのオンラインリファレンス「DJI Dro... 続きを読む

[空☆ひろし巡り会い]Vol.04 恋しくて夏2020〜高性能なMatrice 300 RTKにくびったけ

東京は梅雨入り宣言。まもなく夏を迎えるが今年は違うに夏になりそうだ。仕事もプライベートもドローン漬けの日々を過ごしている。正直やや食傷気味の中、一服の清涼剤のように現れたのが言うま... 続きを読む