Archer Aviation、いよいよ始動。UAM業界に核心を起こすか?

2020-05-29 掲載

これまで謎に包まれていたeVTOLスタートアップArcher Aviation(以下:Archer)のその全貌が少し見えてきた。カリフォルニア州パロアルトに拠点を置くArcherは、AdcockとGoldsteinによって設立された。競合他社からトップの人材を多く引き抜き話題となっていた。元々オンライン求人マーケットプレイス「Vettery」も創業した2人が2018年Adecco Groupに1億ドルで売却後、Archerを立ち上げた。

これまでのところ、ArcherはeVTOLのプロトタイプについて、ほとんど詳細を明らかにしていないが、同社のサイトには、6枚の5枚刃の傾斜プロペラとVテールを備えた有翼機が掲載されている。同社によると、このパイロット航空機は、最高時速241kmで4人の乗客を96km先まで運ぶことができ、”すべてが今日の技術で”可能になるという。

by Brett Adcock and Adam Goldstein

AdcockとGoldsteinによると、この航空機は都市部のエアモビリティ市場をターゲットにしており、以下の通りコメントした。

都市部の交通問題を解決し、完全に再生可能な交通ソリューションへの移行を支援することを目標としています。Uberのように、Archerは、本来低いメンテナンスコストとエネルギーコスト、そして空中ライドシェアリングによる高い利用率を組み合わせることで、車両の運用コストをライドシェアリングの価格にまで下げ、長期的には車の所有コストにまで引き上げることを目指しています。

Archerはまた、飛行中の騒音を住宅地の騒音レベルと同等かそれ以下にすること、そして商業旅客機と同等の安全性を優先させていると述べている。

40人以上のエンジニアで構成されたArcherチームは、これまで業界で活躍した人材が名を連ねる。エンジニアリング担当副社長のTom Muniz、GNCのリーダーAlan Chen、電気推進のリーダーDiederik Marius、エンジニアリングディレクターJohnny Melack、チーフアビオニクスアーキテクトScott Furman(全員が元Wisk社)、チーフエンジニアのGeoff Bower、Damien Bardon、エアロダイナミクスのリーダーGiovanni Droandi、飛行テストのリーダーMatt Deal(以前はAirbus Vahana)、音響学のリーダーBen Goldman(Joby Aviationから入社)である。

私たちは、消費者向けeVTOLの分野では誰もが認めるリーダーになるために、適切な経験を持つチームを編成しました。私たちの目標は高く、それを達成するために世界最高の勇敢なエンジニアを採用しています。

人材は揃ったがそれがうまくいくだろうか?まずは早く実機をお披露目して欲しいところだ。Archer Aviationの今後の動き次第ではある。

▶︎Archer
[Category:]
[TAG : ]

関連する記事

Autoflight、V400発表、つづく新eVTOL機ライナップもアナウンス〜Yuneec創始者が見る夢は?

中国とドイツを拠点とするAutoflightは、物流や旅客輸送のためにさらなる大型eVTOL開発を行っている。最新貨物用ドローン“Albatross(V400)”を中国深圳で開催さ... 続きを読む

SkyDrive、「有人機SD-03」で公開飛行試験成功

株式会社SkyDriveは、2020年8月25日に同社の開発拠点である、1万m2の屋内飛行試験場を備えた豊田テストフィールドにて公開有人飛行試験を実施し、成功のうちに完了したことを... 続きを読む

Amazon、自動運転のZoox社を買収

Zooxは、「乗客のことを第一に考え、自律走行技術をゼロから設計することで、ライド・ハイリングの未来を開拓している先進的なチーム」と表現されており、ZooxのCEOであるAicha... 続きを読む

Wisk、Pete Kunz博士をCTOに迎え強化を図る

またUAMの世界に大きな動きが見られた。世界初の電気自動車タクシーを開発したUAM(アーバン・エア・モビリティ)企業であるWiskは、Pete Kunz博士が取締役として同社に参加... 続きを読む

Honeywell、UAM向け冷却システムHoneywell Micro Vapor Cycle System発表

都市部のエアモビリティへの関心が高まる中、Honeywellは、新しいMicro Vapor Cycle System(マイクロ蒸気サイクルシステム以下:MicroVCS)を発表し... 続きを読む