Ehang、次の狙いは商業物流。150kg超Ehang216、CAACより商業物流業務承認

2020-06-01 掲載

Ehangは、Ehang 216が、中国民間航空局(CAAC)の認可を得て、商業顧客向けに貨物輸送の試験運用を行うことを発表した。今回の承認は、2019年2月にCAACが公布した「特定無人航空機のパイロット運航規則(中間)」に基づいて行われた。150kgを超えるAAV(自律型航空機)に対するこのような承認は世界初となる。

この航空物流サービスは、EHang 216を使用して、上海から南に約290km離れた台州まで、丘の上や島への貨物輸送を行うものだ。Ehang社は、運用データと経験を蓄積しながら、中国国内でも試験を徐々に拡大していくことしている。

CAACとEhangが、航空物流用途の旅客グレードAAVの世界初の商業パイロット運用承認を主導したことに感激しています。今回の承認は非常に重要な意味を持っています。

Ehangにとっては、先手を打つ優位性を強化し、物流向けAAV技術とエアモビリティソリューションの商業化を加速させることが可能になります。また、世界中の規制当局が協調的で支援的で持続可能な規制環境を共同で模索し、確立するための基盤を築くことにもなります。

これは、有望な都市部のエアモビリティアプリケーションの長期的な発展に利益をもたらすでしょう。

とEhangの創業者であり、会長兼CEOのHu Huazhi氏はコメントしている。

Ehang社が中国および世界的に急速な発展を遂げていること、また、同社の旅客グレードAAVの飛行試験プログラムがCAACによって成功裏に検証され、今回の承認を得られたことを喜ばしく思います。貨物輸送の安全かつ効率的なソリューションとなるでしょう。

CAACの李建副管理者はコメントした。

これまでパセンジャードローンを世に広めてきたEhangではあるが、様々な分野で実際のソリューションを展開し始めているのは記憶に新しい。

Ehang 216を使った中国での商業旅客輸送事業の基盤作りも進行中で、最近では、ホテル・観光会社のLNホールディングスと提携し、広州市南沙のLNガーデンホテルでのeVTOL観光サービスに向けた取り組もニュースでお伝えしたばかりだ。

また、Ehangは広西チワン族自治区和州市にも商業航空ツアー事業のための「Eポート」の建設を計画している。

▶︎Ehang

関連する記事

DRONE FUND、3号ファンド設立。目標調達額100億円、ドローン・エアモビリティ社会実装を牽引

投資先企業(一部)のプロダクトイメージ DRONE FUND(以下:ドローンファンド)は、2020年5月に目標調達額を100億円とする「DRONE FUND 3号投資事業有限... 続きを読む

スカイリンクテクノロジーズ、空飛ぶクルマのコンセプトは「どこでもドアの一歩手前」 [Japan Drone 2020]

スカイリンクテクノロジーズ株式会社は、パーソナル・プレーン・開発・プロジェクト「P.P.K.P」の模型を展示し、2025年には有人機完成を目指すという構想を披露した。コンセプトは「... 続きを読む

楽天、山岳エリアで高度差におけるドローン物資配送実証実験初成功

目的地の「白馬山荘」へフライトスタート 楽天株式会社は、白馬村山岳ドローン物流実用化協議会の一員として、長野県白馬村の白馬岳の登山口にある「猿倉荘」から、山頂にある山岳宿舎「... 続きを読む

Autoflight、V400発表、つづく新eVTOL機ライナップもアナウンス〜Yuneec創始者が見る夢は?

中国とドイツを拠点とするAutoflightは、物流や旅客輸送のためにさらなる大型eVTOL開発を行っている。最新貨物用ドローン“Albatross(V400)”を中国深圳で開催さ... 続きを読む

Walmart、ドローン配送を開始〜ドローンで商品が届く日がやってきた!

ドローン配送で買い物もいよいよ現実味を帯びてきた新規事業でドローン関連の多くの特許を取得している世界最大のスーパーマーケットチェーンのWalmart(日本の西友もその傘下)は、ノー... 続きを読む