Flirtey、基本特許取得しドローン配送を現実化

2020-06-04 掲載
Flirteyの創設者兼CEOであるMatthew Sweeny氏

商用ドローン配送業界のパイオニアであるFlirteyは5月末ドローンによる荷物の安全かつ正確な配送に関する特許を米国で取得したことを発表した。この特許は、ドローンによる荷物の配送を可能にするハードウェアとソフトウェアの組み合わせについて説明している。ちなみにFlirteyは、オーストラリアで起業され、2015年にいち早くFAA(アメリカ連邦航空局)承認を得て、アメリカ初のドローン配送を試みている。

空中飛行中にドローンからにワイヤーを吊り下げた状態で、荷物を届ける際にワイアーを下ろし内容物を届ける。Flirteyは、この配送方法が最も安全かつ正確方法として取り入れている。現在ではドローン配送業界のスタンダードになっている。

Flirteyが取得した特許

今回の特許は、ホバリングしている間に、ドローンが荷物を確実かつ効果的に配送したり、ピックアップしたりするための鍵となる基本技術をカバーして使用されるサスペンション機構、荷物を保持して解放するためのロック機構、および荷物を配送するための荷物配送機構が特許の要となる。

米国特許商標庁が、安全で正確なドローン配送に関する特許をFlirteyに付与したことに、私たちは感激しています。空から荷物を安全に配送したり、ピックアップしたりするための基礎となるものです。

とFlirteyの創設者兼CEOであるMatthew Sweeny氏はコメントしている。

Flirteyは、ドローン配送実証実験のFAA(アメリカ連邦航空局)による初飛行許可を得て、最初のFAA承認商業ドローン配送を実施した企業。すでに米国および世界中で25件以上の特許を保有している。

▶︎Flirtey

[Category:]
[TAG : ]

関連する記事

Refraction、自律型UGV REV-1で食料品配送実施

街で配達ロボットを突然見かけたら?どう思うだろうか?まだほとんどの人が遭遇したことはないだろうが、世界のいくつかの都市ではもう始まっている。未来の絵空事がいよいよ身近になるのだ。 ... 続きを読む

国内初、オンライン診療・服薬指導と連動した処方箋医薬品ドローン配送実証実験を実施

経済産業省北海道経済産業局(以下:経産省)と国立大学法人旭川医科大学(以下:旭川医科大学)、ANAホールディングス株式会社(以下:ANAHD)、株式会社アインホールディングス(以下... 続きを読む

Wing、ドローン配送でバージニア州の学生に図書館の本を届ける

バージニア州の司書が思いついたのは、ソーシャルディスタンシングを取りながら図書館の本をドローンで配達して、より多くの子どもたちに読書を奨励するというアイデアだ。そのアイデアが実現し... 続きを読む

Ehang、次の狙いは商業物流。150kg超Ehang216、CAACより商業物流業務承認

Ehangは、Ehang 216が、中国民間航空局(CAAC)の認可を得て、商業顧客向けに貨物輸送の試験運用を行うことを発表した。今回の承認は、2019年2月にCAACが公布... 続きを読む

UPS、リタイアメントコミュニティーへドローン配送開始

UPS子会社のUPS Flight Forward (以下:UPSFF)とCVS Health Corporationは、ドローンを使用して、13万5000人以上の住民が住む米国最... 続きを読む