Kitty Hawk、個人用eVTOL「Flyer」開発中止へ

2020-06-08 掲載

Google共同創業者ラリーペイジも出資するベンチャーKitty Hawkは、eVTOLプラットフォームであるHeavisideに注力するために、個人向けレクリエーション機「Flyer」の開発中止すると発表した。Kitty Hawkセバスチャン・スラン CEOとFlyer社長のアレックス・ロエッター氏は、6月3日“Our Next Chapter ”と題した声明でその決断を説明した。

今日、我々はFlyerプロジェクトを終了することになりました。車両の設計やテスト、航空機の製造、そして何よりも人間がeVTOLをどのように体験するかなど、私たちはこのプログラムから必要なことを学びました。

パイロットではない人が操縦する世界初の電動eVTOL機を製造できたことを誇りに思います。当社の初期の「Cora」と同様に、「Flyer」は明らかにKitty HawkとeVTOL車両の歴史におけるマイルストーンとなっています。

5年近く前にプロジェクトが開始されて以来、25,000回以上の乗務員と非乗務員による合計111機のフライトを成功させている。75人以上の人々がeVTOL航空機を飛行したが、そのほとんどは初心者パイロットだった。民間人では、初体験したのはYoutuberのケイシー・ナイスタットとなる。

この機体のみに注力する Heaviside image via Kitty Hawk

現在、同社は翼を持つeVTOL「Heaviside」に注力する計画で、航続距離160km、時速290km、都市上空を飛行できることを目標としている。都市部のエアモビリティ空間における他のプレイヤーと同様に、長期的な目標を「世界を交通から解放すること」としている。

開発は順調に見えたが「Flyer」の技術的な問題と安全性の問題、そして実用化に関する未解決な問題が山積みとされている。また1人乗りの「Flyer」を、本来の目的である個人購入機体ではなく、ライドシェア型の輸送サービスの基盤とする事業ドメインに変更する予定だった。様々な問題があり、Heavisideに舵を取った理由の一つとされる。

さらにKitty Hawkは昨年2019年にボーイング社との合弁会社「Wisk」を設立し、自律走行型eVTOL「Cora」を開発中だ。しかし、そのプログラムにもいくつかの課題があり、プロトタイプが公開されてからわずか2週間後にソフトウェアのタイミングミスによるクラッシュで大幅に破損している。

昨年設立された合弁会社のWiskで開発中のCoraだが、ほぼKitty Hawkで開発された知見をベースとしている
▶︎Kittyhawk

関連する記事

Autoflight、V400発表、つづく新eVTOL機ライナップもアナウンス〜Yuneec創始者が見る夢は?

中国とドイツを拠点とするAutoflightは、物流や旅客輸送のためにさらなる大型eVTOL開発を行っている。最新貨物用ドローン“Albatross(V400)”を中国深圳で開催さ... 続きを読む

KLM、V字型次世代機「Flying-V」プロトタイプ初飛行

2020年は、簡単に海外旅行に行くことができない。そんな中、KLMオランダ航空は9月7日、デルフト工科大学と2040年以降の実用化を目指す次世代旅客機「Flying-V」のプロトタ... 続きを読む

EHang、航空救急車開発国際プロジェクト「Ambular」に参加

AAV技術プラットフォーム企業であるEHangが、医療救急用のAAV開発を目指す国際プロジェクト「Ambular」への参加を決定した。このプロジェクトは、ICAO(国際民間航空機関... 続きを読む

Embraer、eVTOL専用シミュレータで初飛行。今後の開発や運用に使用

Embraerはブラジル最大、世界第3位の航空機製造会社でもある。その航空機メーカーのeVTOL部門であるEmbraerXは、ブラジルのサンホセ・ドス・カンポスで、eVTOLシミュ... 続きを読む

あいおいニッセイ同和損保、Joby Aviationへ出資。空飛ぶタクシーにいち早く取り組む姿勢

JobyのeVTOL MS&ADインシュアランスグループのあいおいニッセイ同和損害保険株式会社(以下:あいおいニッセイ同和損保)は、eVTOL(空飛ぶクルマ)の開発・実用化を進め... 続きを読む