Lilium、Billie Giffordから投資を受け、総資金調達額を3億7500万ドルに拡大

2020-06-11 掲載

ドイツのeVTOL開発企業Liliumは、Baillie Giffordから3500万ドルの資金調達を確保し、投資総額は3億7500万ドルとなった。

Liliumは現在、地上火災で失ってしまった初号機飛行実証実験を引き継ぐために、2機目eVTOLの準備を進めている。5人乗りの「Lilium Jet」は、フラップに電動ジェットエンジンを36機搭載した世界初の「チルトジェット」機で、航続距離は300km(186マイル)を予定している。

スコットランドを拠点とするBaillie Giffordは、SpaceX、Airbnb、Teslaなどの成功したテクノロジー企業に投資してきた実績がある。同社は、Atomico、Freigeist、LGT、Tencentを含む既存のLiliumの投資家に加わり、最近では2億4,000万ドル以上の内部資金調達ラウンドをリードした。

Baillie Giffordは世界で最も影響力のあるテック系投資家の一人であり、彼らのLiliumへのコミットメントは、当社製品とビジネモデルの両方に大きな信頼を寄せていることを示しています。今回のラウンドで調達した資金は、私たちを取り巻く厳しい経済状況を乗り切るための安心感を与えてくれ、私たちの使命に完全に集中することができることに感謝しています。

ミュンヘンを拠点とする同社は、COVID-19に関連した制限にもかかわらず、「Lilium Jet」の開発を続けているという。Liliumは現在約450人を雇用しており、そのうち約400人が3月中旬から自宅で仕事をしているという。

正直なところプロジェクトの進捗は、期待していたよりも少し遅レています。この期間は飛行活動がありません。現在行っている作業の多くは、デスクベースのものです。しかしエンジニアリングの大部分は、実際にはデモ機を飛行させることではなく、シリアル機の設計を完成させることに向けられていてこの部分に集中できるのは良いことと言えます。

一方で、最小限の開発チームはLilium社に留まり、社会的距離を保つための措置を観察しながら、飛行試験キャンペーンのための2機目の「Lilium Jet」実証機の準備に取り組んでいる。飛行は、ドイツ政府によってCOVID-19対策が緩和された場合によっては、8月か9月に再開される可能性がある、とLiliumのコミュニケーション責任者Oliver Walker-Jones氏は述べた。さらに彼は以下のようにコメントした。

Liliumは、2機目の有人飛行試験機で、2月に短縮された飛行実証実験を完了させることを目指しています。同機は飛行試験の第一段階を完了し、時速100kmまでの速度を達成していましたが、高速エンベロープ展開を完全に実証するには至っていませんでした。

「Lilium Jet」が注目に値するのは、メンバーが約40人のみの時期に製造されたものであり、最終的なシリアル機のような厳格な基準をすべて満たすように製造されたわけではないということです。

この事件とは無関係に、私たちは最終的な機体の設計に向けて、すべてのプロセスを通して精度を高めてきました。このプロセスは順調に進んでおり、当社の航空機の設計は、現在、この分野に存在する成熟した航空宇宙企業によって使用されているものを基礎として構築されています。

▶︎Llilium

関連する記事

Amazon、自動運転のZoox社を買収

Zooxは、「乗客のことを第一に考え、自律走行技術をゼロから設計することで、ライド・ハイリングの未来を開拓している先進的なチーム」と表現されており、ZooxのCEOであるAicha... 続きを読む

Wisk、Pete Kunz博士をCTOに迎え強化を図る

またUAMの世界に大きな動きが見られた。世界初の電気自動車タクシーを開発したUAM(アーバン・エア・モビリティ)企業であるWiskは、Pete Kunz博士が取締役として同社に参加... 続きを読む

Urban Aeronautics、CityHawk水素駆動化のためにHyPointと提携

イスラエル拠点のUrban Aeronauticsは、二酸化炭素排出量ゼロの水素電力をeVTOL CityHawkに実装する契約をHyPointと締結した。 ... 続きを読む

Honeywell、UAM向け冷却システムHoneywell Micro Vapor Cycle System発表

都市部のエアモビリティへの関心が高まる中、Honeywellは、新しいMicro Vapor Cycle System(マイクロ蒸気サイクルシステム以下:MicroVCS)を発表し... 続きを読む

Kitty Hawk、個人用eVTOL「Flyer」開発中止へ

Google共同創業者ラリーペイジも出資するベンチャーKitty Hawkは、eVTOLプラットフォームであるHeavisideに注力するために、個人向けレクリエーション機「Fly... 続きを読む