DRONE

Pix4D、スタンドアロンフォトグラメトリー(SfM)クラウド処理ソリューションをリリース

Pix4D、スタンドアロンフォトグラメトリー(SfM)クラウド処理ソリューションをリリース

Pix4Dは、スタンドアロンのフォトグラメトリー(SfM)クラウド処理ソリューションPix4DcloudとPix4Dcloud Advancedの商用リリースを発表した。

両製品は、オンライン測量業務と建設現場モニタリングのための新しいマッピングプラットフォーム。Pix4Dのフォトグラメトリーアルゴリズムを使用し、画像から現実をマッピングおよびモデリングする。

Pix4Dcloud Advancedは、Pix4Dcloudの機能を拡張し、建設業界のユーザーのニーズに対応するために時系列モニタリングおよび精度の向上ツールを含む。両製品は以前のPix4Dクラウドのプラットフォームを取り替えることができる。Pix4Dの創立者でCEOであるChristoph Strecha氏は次のようにコメントしている。

Pix4Dの新たに改善されたクラウドソリューションは既存のデスクトップおよびモバイル製品のラインアップを完全に補完します。Pix4Dの先端的なアルゴリズムとノウハウをオンラインプラットフォームに統合することにより、強力、柔軟で簡単に使用できるアプリケーションを必要としているプロフェッショナルの皆様に高い付加価値をご提供することが出来ます。

■クラウドで測量レベルの精度

Pix4Dcloud Advancedで、地上標定点(GCP)を含めたプロジェクトをクラウド上で直接処理することが可能となった。Pix4DはAutoGCPsの機能に機械学習とコンピュータビジョンを組み合わせ、GCPの中心点をピクセルレベルの精度でほぼ瞬時に自動的にピンポイント認識することに成功。

■リフレッシュされた、より強力なインタフェース

全てのプロジェクトとデータセットはドライブの一か所で管理できる。プロジェクトと現場が簡単に検索でき、複数のアプリケーションから異なるプロジェクトを開く必要がなくなった。マップビューではアノテーションとオーバーレイが自動的にグループ化され、作業と共有方法をより簡単にする。グループ化されたレイヤーは1クリックで非表示にでき、複数のアノテーショングループを作成し、シンプルに整理することが可能。

■クレーンカメラでの建設現場のモニタリングを正確にジオリファレンス

Pix4Dのクレーンカメラとのバンドル使用により、Pix4Dcloud Advancedは現場の作業を中断することなく自動的に建設現場の画像を取得して処理することができる。

Return Top