DRONE

センシンロボティクス、JXTGとドローンステーション構築に向け協業開始

センシンロボティクス、JXTGとドローンステーション構築に向け協業開始

ステーションを起点に各種サービスを提供

株式会社センシンロボティクスとJXTGホールディングス株式会社(以下:JXTG)は、将来のドローンステーション構築に向けて協業を開始することを発表した。また、協業開始に先立ち、JXTGはJXTGイノベーションパートナーズ合同会社を通じ、センシンロボティクスに資本参画した。

JXTGグループは、デジタル革命の進展や社会ニーズの変化を好機と捉え、既存事業の枠を超えた新たな事業の創出・実行に向け、積極的な取り組みを推進している。一方、センシンロボティクスは、ドローンをはじめとするロボティクスソリューションにより、設備点検、災害対策、警備・監視を中心に様々な領域における社会課題の解決と、関連業務の完全自動化に取り組んできた。

街中にステーションを展開

JXTGは、近い将来ドローンが飛躍的に活躍する社会を見据え、あらゆるドローンの離発着および太陽光などの環境配慮型エネルギー供給の拠点としてのドローンステーション構想を描いている。その実現に向け、両社は同協業において、センシンロボティクスが提供する完全自動運用型ドローンシステム「SENSYN DRONE HUB」の活用について実行計画を策定し、2023年を目途に設備開発・実証を行うという。また、同時にドローンを活用した設備点検、災害対策、警備・監視に関する新たなソリューションの開発に取り組むとしている。

Return Top