Wing、ドローン配送でバージニア州の学生に図書館の本を届ける

2020-06-23 掲載

バージニア州の司書が思いついたのは、ソーシャルディスタンシングを取りながら図書館の本をドローンで配達して、より多くの子どもたちに読書を奨励するというアイデアだ。そのアイデアが実現した。ドローン配送を行うのは、グーグルの親会社でもあるAlphabetの子会社であるWing。すでに小売店の商品をドローン配送を行っている。

地元の図書館司書からの推薦に基づき、モンゴメリー郡(バージニア州)公立学校は世界で初めて図書館の本をドローンで配達するサービスを提供することになった。

ケリー・パセック図書館司書

このアイデアは、ブラックスバーグ中学校の図書館司書であり、Wingの最も熱心な顧客の一人であるケリー・パセック女史から発案された。彼女は生菓子や家庭用品をドローンで配達してもらうくらい愛好家であるという。この技術で子供たちが本をチェックアウトするのにも役立つのではないかと考えていたという。

学校図書館のリソースへのアクセスは、生徒の成功のために不可欠です。

MCPS-Wingのパートナーシップは、私たちがそのアクセスを提供し続けるための最もユニークな方法を可能にしていますので、私たちの生徒は、独立した読書に従事し続けることができ、社会的な距離が離れているこの時期にも成功への道を歩み続けることができます。

このサービスは、バージニア州の生徒たちが、COVID-19のために自宅学習の間も読書を続けられるように、試験的に開始された。対象となる家庭に住むモンゴメリー郡公立学校の生徒の家族は、15万冊以上のタイトルを含む図書館のカタログから任意の本をリクエストすることができ、無料でドローンで自宅の庭に届けてもらうことができる。

私たちは生徒にサービスを提供する革新的な方法を見つけることに誇りを持っています。我々は、ドローン配信を介して私たちの学生に図書館の本をもたらすこのパイロットプログラムを通じて、革新の私たちのストリークを継続することに興奮しています。

小学校の司書をしていた母は、幼い頃から図書館や読書に感謝するようにといつも教えてくれました。Wingのシステムは、小さな荷物を空輸で直接家庭に届けるように設計されています。私たちがサービスを提供している地域社会が、私たちが必要としているものは何かを教えてくれると信じてきましたが、これはその好例です。

とMCPSの最高責任者マーク・ミイヤーは言った。

▶︎Wing

関連する記事

Refraction、自律型UGV REV-1で食料品配送実施

街で配達ロボットを突然見かけたら?どう思うだろうか?まだほとんどの人が遭遇したことはないだろうが、世界のいくつかの都市ではもう始まっている。未来の絵空事がいよいよ身近になるのだ。 ... 続きを読む

国内初、オンライン診療・服薬指導と連動した処方箋医薬品ドローン配送実証実験を実施

経済産業省北海道経済産業局(以下:経産省)と国立大学法人旭川医科大学(以下:旭川医科大学)、ANAホールディングス株式会社(以下:ANAHD)、株式会社アインホールディングス(以下... 続きを読む

ドローン市場2020~2025年。成否を知る5つのポイント

2020年を迎え、商業用ドローン業界には新たな課題、新たな市場参加者、新たなユースケース、規制上のハードルが立ちはだかっている。提携先のDRONEIIが最新ドローン市場レポート「2... 続きを読む

Flirtey、基本特許取得しドローン配送を現実化

Flirteyの創設者兼CEOであるMatthew Sweeny氏 商用ドローン配送業界のパイオニアであるFlirteyは5月末ドローンによる荷物の安全かつ正確な配送に関する特許... 続きを読む

Ehang、次の狙いは商業物流。150kg超Ehang216、CAACより商業物流業務承認

Ehangは、Ehang 216が、中国民間航空局(CAAC)の認可を得て、商業顧客向けに貨物輸送の試験運用を行うことを発表した。今回の承認は、2019年2月にCAACが公布... 続きを読む