DRONE

Wing、ドローン配送でバージニア州の学生に図書館の本を届ける

Wing、ドローン配送でバージニア州の学生に図書館の本を届ける

バージニア州の司書が思いついたのは、ソーシャルディスタンシングを取りながら図書館の本をドローンで配達して、より多くの子どもたちに読書を奨励するというアイデアだ。そのアイデアが実現した。ドローン配送を行うのは、グーグルの親会社でもあるAlphabetの子会社であるWing。すでに小売店の商品をドローン配送を行っている。

地元の図書館司書からの推薦に基づき、モンゴメリー郡(バージニア州)公立学校は世界で初めて図書館の本をドローンで配達するサービスを提供することになった。

ケリー・パセック図書館司書

このアイデアは、ブラックスバーグ中学校の図書館司書であり、Wingの最も熱心な顧客の一人であるケリー・パセック女史から発案された。彼女は生菓子や家庭用品をドローンで配達してもらうくらい愛好家であるという。この技術で子供たちが本をチェックアウトするのにも役立つのではないかと考えていたという。

学校図書館のリソースへのアクセスは、生徒の成功のために不可欠です。

MCPS-Wingのパートナーシップは、私たちがそのアクセスを提供し続けるための最もユニークな方法を可能にしていますので、私たちの生徒は、独立した読書に従事し続けることができ、社会的な距離が離れているこの時期にも成功への道を歩み続けることができます。

このサービスは、バージニア州の生徒たちが、COVID-19のために自宅学習の間も読書を続けられるように、試験的に開始された。対象となる家庭に住むモンゴメリー郡公立学校の生徒の家族は、15万冊以上のタイトルを含む図書館のカタログから任意の本をリクエストすることができ、無料でドローンで自宅の庭に届けてもらうことができる。

私たちは生徒にサービスを提供する革新的な方法を見つけることに誇りを持っています。我々は、ドローン配信を介して私たちの学生に図書館の本をもたらすこのパイロットプログラムを通じて、革新の私たちのストリークを継続することに興奮しています。

小学校の司書をしていた母は、幼い頃から図書館や読書に感謝するようにといつも教えてくれました。Wingのシステムは、小さな荷物を空輸で直接家庭に届けるように設計されています。私たちがサービスを提供している地域社会が、私たちが必要としているものは何かを教えてくれると信じてきましたが、これはその好例です。

とMCPSの最高責任者マーク・ミイヤーは言った。

▶︎Wing
Return Top