Urban Aeronautics、CityHawk水素駆動化のためにHyPointと提携

2020-06-24 掲載

イスラエル拠点のUrban Aeronauticsは、二酸化炭素排出量ゼロの水素電力をeVTOL CityHawkに実装する契約をHyPointと締結した。

CityHawkは、一見自動車のようなeVTOLだ。Urban Aeronauticsが開発するCityHawkは、6人乗りコンセプトでFancraftローター技術をベースに飛行する。Fancraft技術は、これまでに300回以上の飛行を行った軍事用無人航空機Cormorantにも採用されているダクトファン推進システムだ。Cormorantは、Urban Aeronautics傘下のTactical Roboticsが開発した軍事用eVTOLだ。

CityHawkのローターレス、翼のない設計は、機体のコンパクトさを提供し、Urban Aeronauticsは「どこへでも飛んで、どこへでも着陸する」ドア・ツー・ドアの輸送能力を売りにしている。

現在の設計では、CityHawkは電気と内燃機関のハイブリッド動力を検討していたが、今回の新たな契約により、Urban AeronauticsとHyPointは、HyPointの水素燃料電池スタック技術を搭載した先進的なバージョンの開発を検討することになった。

ハイパワーで100%環境に優しい燃料である水素は、eVTOL航空機の将来の鍵を握っています。

Urban Aeronauticsのラフィ・ヨエリ最高経営責任者(CEO)はコメントしている。HyPointによると、ターボ空冷式燃料電池は、水素パワートレインの寿命を5,000時間から20,000時間に延ばし、燃料補給にかかる時間もわずか数分で済むという。

Urban Aeronauticsが開発している次世代の空飛ぶ乗り物や、水素発電への取り組みに非常に感銘を受けました。このエキサイティングなプロジェクトに協力できることを楽しみにしています。

とHyPointの創業者アレックス・イヴァネンコ氏はコメントしている。

▶︎Urban Aeronautics

関連する記事

Wisk、Pete Kunz博士をCTOに迎え強化を図る

またUAMの世界に大きな動きが見られた。世界初の電気自動車タクシーを開発したUAM(アーバン・エア・モビリティ)企業であるWiskは、Pete Kunz博士が取締役として同社に参加... 続きを読む

Lilium、Billie Giffordから投資を受け、総資金調達額を3億7500万ドルに拡大

ドイツのeVTOL開発企業Liliumは、Baillie Giffordから3500万ドルの資金調達を確保し、投資総額は3億7500万ドルとなった。 Liliumは現在、地上... 続きを読む

Kitty Hawk、個人用eVTOL「Flyer」開発中止へ

Google共同創業者ラリーペイジも出資するベンチャーKitty Hawkは、eVTOLプラットフォームであるHeavisideに注力するために、個人向けレクリエーション機「Fly... 続きを読む

Wingcopter、AUVSI XCELLENCE Awards 2020のファイナリストに選出

Wingcopterは、AUVSI(国際無人車システム協会)によるAUVSI XCELLENCE Humanitarian Awardのファイナリストに選出された。ドイツを拠点とす... 続きを読む

英国王立航空協会がeVTOLデザインコンテスト開催

英国王立航空協会は、一般航空分野における大規模なイノベーションを促進することを目的とした第4回デザインコンペの応募受け付け中、今回は特にeVTOLに焦点を当てているのが特徴だ。 ... 続きを読む