Urban Aeronautics、CityHawk水素駆動化のためにHyPointと提携

2020-06-24 掲載

イスラエル拠点のUrban Aeronauticsは、二酸化炭素排出量ゼロの水素電力をeVTOL CityHawkに実装する契約をHyPointと締結した。

CityHawkは、一見自動車のようなeVTOLだ。Urban Aeronauticsが開発するCityHawkは、6人乗りコンセプトでFancraftローター技術をベースに飛行する。Fancraft技術は、これまでに300回以上の飛行を行った軍事用無人航空機Cormorantにも採用されているダクトファン推進システムだ。Cormorantは、Urban Aeronautics傘下のTactical Roboticsが開発した軍事用eVTOLだ。

CityHawkのローターレス、翼のない設計は、機体のコンパクトさを提供し、Urban Aeronauticsは「どこへでも飛んで、どこへでも着陸する」ドア・ツー・ドアの輸送能力を売りにしている。

現在の設計では、CityHawkは電気と内燃機関のハイブリッド動力を検討していたが、今回の新たな契約により、Urban AeronauticsとHyPointは、HyPointの水素燃料電池スタック技術を搭載した先進的なバージョンの開発を検討することになった。

ハイパワーで100%環境に優しい燃料である水素は、eVTOL航空機の将来の鍵を握っています。

Urban Aeronauticsのラフィ・ヨエリ最高経営責任者(CEO)はコメントしている。HyPointによると、ターボ空冷式燃料電池は、水素パワートレインの寿命を5,000時間から20,000時間に延ばし、燃料補給にかかる時間もわずか数分で済むという。

Urban Aeronauticsが開発している次世代の空飛ぶ乗り物や、水素発電への取り組みに非常に感銘を受けました。このエキサイティングなプロジェクトに協力できることを楽しみにしています。

とHyPointの創業者アレックス・イヴァネンコ氏はコメントしている。

▶︎Urban Aeronautics

関連する記事

Autoflight、V400発表、つづく新eVTOL機ライナップもアナウンス〜Yuneec創始者が見る夢は?

中国とドイツを拠点とするAutoflightは、物流や旅客輸送のためにさらなる大型eVTOL開発を行っている。最新貨物用ドローン“Albatross(V400)”を中国深圳で開催さ... 続きを読む

KLM、V字型次世代機「Flying-V」プロトタイプ初飛行

2020年は、簡単に海外旅行に行くことができない。そんな中、KLMオランダ航空は9月7日、デルフト工科大学と2040年以降の実用化を目指す次世代旅客機「Flying-V」のプロトタ... 続きを読む

EHang、航空救急車開発国際プロジェクト「Ambular」に参加

AAV技術プラットフォーム企業であるEHangが、医療救急用のAAV開発を目指す国際プロジェクト「Ambular」への参加を決定した。このプロジェクトは、ICAO(国際民間航空機関... 続きを読む

Embraer、eVTOL専用シミュレータで初飛行。今後の開発や運用に使用

Embraerはブラジル最大、世界第3位の航空機製造会社でもある。その航空機メーカーのeVTOL部門であるEmbraerXは、ブラジルのサンホセ・ドス・カンポスで、eVTOLシミュ... 続きを読む

あいおいニッセイ同和損保、Joby Aviationへ出資。空飛ぶタクシーにいち早く取り組む姿勢

JobyのeVTOL MS&ADインシュアランスグループのあいおいニッセイ同和損害保険株式会社(以下:あいおいニッセイ同和損保)は、eVTOL(空飛ぶクルマ)の開発・実用化を進め... 続きを読む