DRONE

Wisk、Pete Kunz博士をCTOに迎え強化を図る

Wisk、Pete Kunz博士をCTOに迎え強化を図る

またUAMの世界に大きな動きが見られた。世界初の電気自動車タクシーを開発したUAM(アーバン・エア・モビリティ)企業であるWiskは、Pete Kunz博士が取締役として同社に参加した。

Kunz博士は、現Boeing NeXtのチーフ・テクノロジストであり、ボーイング社の非操縦システム担当シニア・チーフ・エンジニアでもある。

それ以前は、無人航空機システムおよびサービス(UAS)企業であるInsitu, Inc.で最高技術責任者を務めるなど、いくつかの指導的役割を担い、商業および防衛技術開発を指揮した業界の重鎮でもある。スタンフォード大学で航空学と天文学の博士号を、ペンステート大学で航空宇宙工学の修士号と学士号を取得している。WiskのCEOであるGary Gysin氏は以下のようにコメントしている。

彼の航空宇宙工学のバックグラウンドと、自律型航空機の解析、設計、試験の様々な側面での経験は、私たちが自走式エアタクシーの開発と認証プロセスを継続していく上で、非常に貴重なものです。

Boeing NeXtのUAM戦略のリーダーでもあるKunz博士は、自律型航空機の分野での経験を活かして、Wiskの取締役会に技術的・業界的な専門知識をもたらしてくれます。

Kunz博士は、業界での長い成功の歴史を共有しており、UAM分野のリーダーとして認められています。彼は、都市モビリティの未来を変革するというWiskのコミットメントを共有しています。

それ受けて、Kunz博士は次のようにコメントしている。

Wiskで起きていることは非常にエキサイティングで、そこに築かれ続けている文化が大好きです。私は、同社の航空機開発の次のフェーズを支援し、安全で自律的な飛行を市場にもたらすことを楽しみにしています。

▶︎Wisk
Return Top