Amazon、自動運転のZoox社を買収

2020-07-06 掲載

Zooxは、「乗客のことを第一に考え、自律走行技術をゼロから設計することで、ライド・ハイリングの未来を開拓している先進的なチーム」と表現されており、ZooxのCEOであるAicha Evans氏とZooxの共同創業者兼CTOであるJesse Levinson氏のリーダーシップの下、単独事業として運営を継続することに決定した。

Zooxは、世界クラスの自律型ライド・ハイリング体験を想像し、発明し、デザインすることに取り組んでいます。Amazonと同様に、Zooxもイノベーションと顧客に対する情熱を持っており、才能あるZooxチームが今後数年間でビジョンを現実のものにするための手助けができることに興奮しています。

と、Amazonのワールドワイド・コンシューマーCEOであるJeff Wilke氏は述べている。

Zooxは2014年に、自律型ライド・ハイリングのために設計されたゼロ・エミッションの車両と、エンド・ツー・エンドの自律型ソフトウェア・スタックのビジョンを掲げてスタートした。Zooxはライド・ハイリングの顧客に焦点を当て、緊密に統合された機能を備えた車両を通じて、乗客に「革命的」な体験を提供することを目指している。

Amazonによると、Zooxの技術力へのアプローチは、顧客に優れた体験を継続的に提供するための柔軟性と迅速なイテレーションを提供するという。

6年前のZooxの創業以来、我々は自律型モビリティへのグランド・アップ・アプローチに特化してきました。Amazonの支援は、安全でクリーンで楽しい交通手段を世界に提供するための道を著しく加速させるでしょう。

とZooxの共同創業者でCTOのJesse Levinson氏は説明している。

▶︎Zoox

関連する記事

ティアフォーほか5社、西新宿エリアで5G活用自動運転タクシー実証実験実施

走行車両 株式会社ティアフォー、株式会社Mobility Technologies(以下:MoT)、損害保険ジャパン株式会社(以下:損保ジャパン)、KDDI株式会社、アイサン... 続きを読む

DRONE FUND、3号ファンド設立。目標調達額100億円、ドローン・エアモビリティ社会実装を牽引

投資先企業(一部)のプロダクトイメージ DRONE FUND(以下:ドローンファンド)は、2020年5月に目標調達額を100億円とする「DRONE FUND 3号投資事業有限... 続きを読む

スカイリンクテクノロジーズ、空飛ぶクルマのコンセプトは「どこでもドアの一歩手前」 [Japan Drone 2020]

スカイリンクテクノロジーズ株式会社は、パーソナル・プレーン・開発・プロジェクト「P.P.K.P」の模型を展示し、2025年には有人機完成を目指すという構想を披露した。コンセプトは「... 続きを読む

Autoflight、V400発表、つづく新eVTOL機ライナップもアナウンス〜Yuneec創始者が見る夢は?

中国とドイツを拠点とするAutoflightは、物流や旅客輸送のためにさらなる大型eVTOL開発を行っている。最新貨物用ドローン“Albatross(V400)”を中国深圳で開催さ... 続きを読む

Amazon、ドローンでスキーヤーやサーファーを牽引、新特許出願で明らかに

先日Amazonが本格的にPrime Airでドローン配送のFAA認可をお伝えしたばかりだが、Amazonはドローンを配送だけに使用するわけではないようだ。Amazonが出願した新... 続きを読む