DNV GLとScout Droneがドローン技術とAIを活用し、より安全・迅速・安価に海上タンク検査を実施

2020-07-06 掲載

Altera InfrastructureおよびDNV GLとの提携により、Scout Drone Inspection社はドローンを使用して、浮体式の生産・貯蔵・積出船であるペトロジャール・ヴァーグに搭載された高さ19.4メートルの石油タンクを検査した。

International Maritime Organization(国際海事機関)は5年に1度、船主に船舶安全検査を義務付けているが、これは船級協会や個々の検査員の検査の徹底度に大きく左右される。

この検査には、高さ20~30mの貨物タンクやバラストタンクなど、足場を使用するものや、海水を入れたタンクの中でのラフティング、ロープクライミングなどがあるが、これらの検査では、船体の準備から検査員の個人の検査まで、すべてを網羅している検査となる。船の準備から清掃、換気まですべてを考慮すると、1回の調査で100万ドルを超えることもある。

さらに、安全性の観点から見ても、これらの作業は非常に大変で危険であることはいうまでもない。

落下事故は日常茶飯事です。酸素不足もリスクの一つであり、さらに、船が転がっているときにタンク内でラフティング事故が発生します。ドバイのような暑い気候では、タンク内の温度が50度を超えることもあり、過熱もリスクの一つです。

とDNV GLの上級主任研究員であるErik Stensrud氏はコメントしている。

ノルウェーに本部を置く国際的な認定登録・分類協会であるDNV GLは、2015年からドローンを活用した「調査」の効率化に取り組んできた。2018年には、Scout Drone Inspectionとともに、同社の自律型ドローンによる船舶の運航中の調査(ADRASSO)研究のレビューを発表した。

研究全体では、船舶検査のためのインテリジェントで自律的なドローンの開発による透明性の向上だけでなく、人員の安全性の向上、検査コストと環境フットプリントの削減に焦点を当てていた。

登山チームはタンクの特定の部分を見て何日も過ごすことができました。一方、配備済みのシステムでは、数時間で簡単にタンクの一般的な地図を作成することができます。潜在的な時間の節約には数桁の違いがあります。

とScout Drone Inspection社の設計エンジニア、Kristoffer Slåttsveen氏はコメントしている。

NTNU(ノルウェー科学技術大学)のスピンオフ企業であるScout Drone Inspectionは、船舶の貨物タンクやバラストタンク、石油・ガス用タンク(FPSO、オフショアリグ、タンカー、製油所)、プロセス機器(タンク、熱交換器など)、工場ホール、発電所などを対象とした完全な検査システムを提供している。

同社のソリューションには、屋内の限られた空間を安全に航行するドローン「Scout 137」、タブレットを介してドローンを制御するアプリ、検査をライブで追跡したり過去記録参照できる「Scoutクラウドポータル」、ドローンに無制限の飛行時間と信頼性の高い高帯域幅のデータリンクを提供する「テザーシステム」が含まれている。

Altera Infrastructureが主催したペトロジャール・ヴァルグの検査では、スカウト・ドローン検査はスカウト137とDNV GLの人工知能アルゴリズムを使用して、亀裂や異常を検出した。

LiDARセンサーを搭載したScout 137は、タンク内部を安全にナビゲートしてマッピングし、RGBカメラで必要なデータを取得しながら、トロンハイムにあるアルテラ・インフラストラクチャー本社に全プロセスをライブストリーミングした。さらに、すべての計算作業を行うオンボード・コンピュータ・システムを搭載している。

今回のテストは、ライブ映像の解析にAIを使用した自動化の次のステップを示すものです。船級協会として、我々は常に技術の進歩を利用して、測量士がより効率的かつ安全に調査を行えるように努力しています。

とDNV GLのオフショア・クラシフィケーション・ディレクターであるGeir Fuglerud氏はコメントした。

Scout Drone Inspection社 Scout 137

今回の検査では、ドローンはScout Drone Inspectionのパイロットによって飛行されたが、同社は将来的には完全な自律飛行を提供したいと考えている。

DNV GL社と共同で、Scout Drone Inspectionは、今後も技術の開発と検証を続けていくという。最終的には、DNV GLは、そのカメラとアルゴリズムが、腐食や構造的な変形などの表面下の異常を検出できるようになることを期待している。

▶︎DNV GL

関連する記事

DRONE FUND、ドローンとAIによる海ごみ検知システム開発進捗とデモ飛行公開

DRONE FUND(以下:ドローンファンド)は、2019年より参画している海ごみ削減共同研究プロジェクト「Debris Watchers」の構成メンバーとして、ドローンとAIを活... 続きを読む

NTTドコモ・ベンチャーズ、自律飛行型ドローンを開発・販売するSkydioに出資

Skydioのドローン「Skydio 2」 株式会社NTTドコモ・ベンチャーズは、同社が運用するファンドを通じて、自律飛行型ドローンを開発・販売するSkydio,Inc(以下:S... 続きを読む

ALSOK、日本初AI完全自律飛行ドローン警備システム屋内実証実施

採用されたドローンは、Skydioのもの ALSOKと東武タワースカイツリー株式会社、東武タウンソラマチ株式会社は、東京スカイツリータウン内にて日本初のAI搭載の完全自律飛行... 続きを読む

東芝研究開発センター、世界最高精度で自動車やドローンなどの動きを予測するAIを開発

株式会社東芝 研究開発センターは、自動車やドローンなどの安全性向上や自動走行・自律移動の実現に向けて、車載カメラと動きを検知する慣性センサ(加速度センサ、角速度センサ)を用いて、自... 続きを読む

Draganfly社、地雷探知用のドローンベースAIソリューション開発発表

Draganfly社は、Windfall Geotek社と基本合意書を取り交わしたことを発表した。この基本合意書は、防衛、人道支援、および専門企業が地雷探知用のAI駆動型無人航空シ... 続きを読む