光響、点群データ・地図化する「ドローン搭載用ライダーLiAir V」発売

2020-07-08 掲載

株式会社光響は、ドローン搭載用ライダーユニット、LiAirシリーズ基地局、点群処理ソフトウェア等により構成されるドローン搭載用ライダーLiAir Vセット「LiAirV-E」を2020年7月8日に発売する。

同製品は、小型・軽量・高点群密度のLivox社製ライダー「Mid-40」をレーザーセンサーに採用。周辺環境を空中から簡単にリアルタイム点群化し、環境地図を作成できる。レーザードローンは小型のM300(DJI製ドローン)を使用することで、従来のM600では20分程度の飛行時間だが、同製品では55分と大幅に伸びた。

また、発売中の「バックパック型ライダーDGC50」を用いて地上で取得した点群データを簡単に重ね合わせることもでき、森林の上部から内部までの三次元データ化なども可能。

■セット内容
(左)ドローン搭載用 ライダーユニット「LiAir V」(右)ライダーユニット搭載例
  • ドローン搭載用 ライダーユニット「LiAir V」
  • LiAirシリーズ基地局 「LiAir Base Station」
  • 生データ補正ソフトウェア 「LiGeoreference Standard」
  • 点群処理ソフトウェア 「LiDAR360 Full suite」
※製品ユニット(ライダーユニット「LiAir V」)のみの取り扱いとなる。ドローン本体(取り扱い・購入等)についてのお問い合わせは、DJI JAPAN株式会社へ。
株式会社光響

関連する記事

DJI、航空測量向けLiDARソリューションZenmuse L1発表

DJIは、測量展示会INTERGEOにて、航空測量向けLiDARソリューション「Zenmuse L1」を発表した。製品出荷は2021年初頭開始予定。 Zenmuse ... 続きを読む

Livox、検出距離強化の自動運転向けLiDAR「Livox Tele-15」販売開始

DJIの関連会社でもあるLivox Technology Company(以下:Livox)は、CES2020初展示し、話題となった自動運転向けLiDAR「Livox Tele-1... 続きを読む

DJI、Livoxブランド初出展、高性能・低コストなLiDARセンサー発表 [CES2020]

Livox Technology Company(以下:Livox)は、高性能で大量生産可能のLiDARセンサーである「Horizon」と「Tele-15」を発表した。Horizo... 続きを読む

Livox LiDAR、 SEMICON JAPAN 2019出展。〜自動運転、スマート農業など、様々な分野で応用可能なLiDARを展示

Livox LiDARは、2019年12月11日(水)~13日(金)、東京ビッグサイトで開催される「SEMICON JAPAN 2019」のSMART APPLICATION ZO... 続きを読む

ニューヨーク大学、史上最高密度のLiDARデータセットを公開。都市開発促進へ

ニューヨーク大学は、同大学のCenter for Urban Science and Progress(CUSP)を通して、今までで最も高密度なLiDARデータセットを一般に公開し... 続きを読む