Red Cat、Rotor Riotを買収し売り上げ倍増。ドローンレース業界に明るい光

2020-07-09 掲載

Red Cat Holdings,Inc.は、数ヶ月前にFPVやドローンレースを黎明期から支えてきたRotor Riotを買収して以来、同社のRotor Riot eコマースストアが高い成長を遂げていることを発表した。具体的に、4月のドローンおよびドローンパーツの販売において、3月と比較して68%の増収を計上した。

Rotor Riotは、ドローンレースでもお馴染みの高性能ドローンパーツの販売とYouTubeオリジナルコンテンツの制作を中心としたホビーベースのドローン会社である。黎明期よりFPVやドローンレースを支えてきた企業でもある。2020年1月23日、Rotor Riotは上場投資会社Red Catと合併した。

2020年1月以降、Rotor Riotは総売上高が32%増、オンラインストアのセッション数が28%増、リピーター率が51%増、平均注文金額が70%増となっており、厳しい経済情勢の中でも、eコマースの価値を明確に示している。

Red CatのCEOであるJeff Thompson氏は次のようにコメントした。

Rotor Riotがこのようなユニークな方法で発展を続けているのを見るのは素晴らしいことです。9月に自社の受注から配送までの業務全体を引き継いで以来、Rotor Riotは、パーフェクトなドローンをお客様に提供するというビジョンに集中することができました。この結果、会社史上最高の売上月をもたらしました。Rotor RiotとRed Catのパートナーシップは、今後も急速に成長していくと信じています。

現状では、Rotor RiotとRed Catは、ドローンパイロットがドローンの修理や性能向上を支援することを目的としたトラブルシューティング・プラットフォームに取り組んでいる。Rotor Riotの専門家チームとRed Cat のDroneBoxソフトウェアは、このプロジェクトのために用意されたものだ。

Red Catは現在、サービスドローン業界向けに、安全なブロックチェーンを中心とした分散型ストレージ、アナリティクス、ソフトウェアパッケージの開発にも取り組んでいる。

ドローン市場は、新コロナウイルス感染拡大の影響はあるものの、その勢いは止まらず、成長しており、あらゆる年齢層の人々がドローンやドローンのアクセサリーを購入するケースが増えている。ドローンは、数年前に比べ敷居が下がったこともあり、空撮からコンテンツ作成まで、さまざまな用途で人気が高まっている。

Rotor Riot社とRed Cat社は、オンライン販売の急増に興奮しており、2020年の合併が早くも良い形で表れているといえるだろう。

▶︎RedCat

[Category:]
[TAG : ]

関連する記事

ドローンエンタテインメント、オンライン開催「獅子児祭」FPVドローン企画を支援

株式会社ドローンエンタテインメントは、新型コロナウイルスの影響で今年はオンライン開催される世田谷学園の学園祭「獅子児祭」にて、FPVドローン企画を支援する。 同プロジェクトは... 続きを読む

Apple、iPhone12発表プレゼンでドローンが宙に舞う。ドローンレーサ機でも安定映像の理由

ドローンレーサ機体に取り付けられたiPhone 12 Pro image via Apple Inc iPhone12の販売が開始された。先日アップル発表された新機種iPh... 続きを読む

DRL、トーナメントをオンライン開催。併せてDrone Racing League SimulatorもXBOXで発売

ドローンレースを展開するDRL(The Drone Racing League)は、コロナ禍なども鑑み、2020 DRL Allianz World Championshipをシュ... 続きを読む

ドローンレースチーム「RAIDEN RACING」にドイツ人若手ドローンレーサー2選手新加入

DRONE SPORTS株式会社が運営するプロフェッショナルドローンレースチーム「RAIDEN RACING」は、「Drone Champions League」(以下:DCL)第... 続きを読む

F1レースの未来は、空飛ぶF1レースなのか?Airspeederが描く未来のレース

次世代F1レースに変わり、電気自動車レースのフォーミュラEシリーズが構想されたのは2011年。それから10年近くが経ち、自動車は、EV車の量産化への道を歩もうとしている。eVTOL... 続きを読む