東光鉄工、災害出動現場やレスキュー活動に有用な防水ドローン「TSV-RQ1」発表

2020-07-09 掲載
東光レスキュードローン® TSV-RQ1

東光鉄工株式会社は、人命救助や災害出動現場における情報収集、レスキュー活動などに活用できる多目的防水ドローン「TSV-RQ1」を発表した。

TSV-RQ1は、開発から3年、耐風性・防水性に加え、浮沈構造を追加するなどレビューを繰り返しながら、国内製にこだわった新しいレスキュードローンの製品化に成功した。2017年の開発当初、国内の多目的防水ドローンは防滴レベルであり、付属品においては防水ではないものもあった。一般的な空撮機には防水仕様もあるが、純国産レスキュードローンの開発は国内初になるという。

■製品の特長
  • 空気抵抗の少ない、デザイン性を併せ持つ流線型ボディ形状により、強風時・悪天候でも安定した飛行が可能。耐風18m/s 防塵防水IP55
  • 2重モノコック構造により、気密性(浮沈構造)も実現
  • フライトコントローラーも国内製を採用し、機密性の向上を図った
  • 取り付け簡単なアタッチメント式を採用したオプションが多彩
    オプション1.Camera(高感度・赤外線):暗闇でも昼間の明るさが可能。赤外線モードでの撮影も可能とする2眼タイプ
    オプション2.高輝度LEDライト:明るさは8000lm。高度100mからの確認が可能
    オプション3.ハイパワースピーカー:高度100mの上空から地上に届く音声。無線通信可能距離は最大5km
    オプション4.リリースユニット:最大重量2kgまでの物資を搭載可能
東光鉄工株式会社

関連する記事

ユニセフ、マラウイでドローン研修コース「アフリカンドローン・アンド・データアカデミー」開設。アフリカの若者150人対象

© UNICEF/UN070530/Brown 人道的利用に向けたドローンのテスト飛行を見守る子どもたち(2017年6月撮影) ユニセフ(国連児童基金)は、初とな... 続きを読む

エアロネクスト、ACCESSと産業用ドローンソフトウェア事業で業務提携

(左)ACCESS代表取締役社長執行役員 大石清恭氏、 (右)エアロネクスト代表取締役CEO 田路圭輔氏 株式会社エアロネクスト(以下:エアロネクスト)と株式会社ACCESS(以... 続きを読む

英国の無人機メーカーが自律性飛行に大きな進歩。新たなる飛行記録を樹立

無人機の市場がこれから巨大になっていくことは言うまでもないだろう。配達、地図作成、監視、または他の無数のアプリケーションなどにより、無人航空機(UAV)は私たちの生活に変革をもたら... 続きを読む

世界最大級輸送ドローンGriff135が日本初上陸!慶大ら開催の湘南UAVデモンストレーションにて初飛行

株式会社DroneFutureAviationは、2018年6月25日に開催される屋外での「湘南UAVデモンストレーション」に出展し、大型産業用ドローンの活用を提案、大型重量を搭載... 続きを読む

仏Drone Volt、米スタンピードと事業提携、北米での販売を強化拡大へ

Hercules 5 UF 無人航空機(以下:UAV)をあつかう仏Drone Voltは、AV・ITテクノロジーソリューソション事業の大手販売業者、スタンピード(米・ニューヨ... 続きを読む