DRONE

東光鉄工、災害出動現場やレスキュー活動に有用な防水ドローン「TSV-RQ1」発表

東光鉄工、災害出動現場やレスキュー活動に有用な防水ドローン「TSV-RQ1」発表
東光レスキュードローン® TSV-RQ1

東光鉄工株式会社は、人命救助や災害出動現場における情報収集、レスキュー活動などに活用できる多目的防水ドローン「TSV-RQ1」を発表した。

TSV-RQ1は、開発から3年、耐風性・防水性に加え、浮沈構造を追加するなどレビューを繰り返しながら、国内製にこだわった新しいレスキュードローンの製品化に成功した。2017年の開発当初、国内の多目的防水ドローンは防滴レベルであり、付属品においては防水ではないものもあった。一般的な空撮機には防水仕様もあるが、純国産レスキュードローンの開発は国内初になるという。

■製品の特長

  • 空気抵抗の少ない、デザイン性を併せ持つ流線型ボディ形状により、強風時・悪天候でも安定した飛行が可能。耐風18m/s 防塵防水IP55
  • 2重モノコック構造により、気密性(浮沈構造)も実現
  • フライトコントローラーも国内製を採用し、機密性の向上を図った
  • 取り付け簡単なアタッチメント式を採用したオプションが多彩
    オプション1.Camera(高感度・赤外線):暗闇でも昼間の明るさが可能。赤外線モードでの撮影も可能とする2眼タイプ
    オプション2.高輝度LEDライト:明るさは8000lm。高度100mからの確認が可能
    オプション3.ハイパワースピーカー:高度100mの上空から地上に届く音声。無線通信可能距離は最大5km
    オプション4.リリースユニット:最大重量2kgまでの物資を搭載可能
Return Top