あいおいニッセイ同和損保、Joby Aviationへ出資。空飛ぶタクシーにいち早く取り組む姿勢

2020-07-27 掲載
JobyのeVTOL

MS&ADインシュアランスグループのあいおいニッセイ同和損害保険株式会社(以下:あいおいニッセイ同和損保)は、eVTOL(空飛ぶクルマ)の開発・実用化を進めるJoby Aviation(以下:Joby)へ出資した。

あいおいニッセイ同和損保は「特色ある個性豊かな会社」を目指しており、「CASE・MaaS」といった新しい領域へ積極的に対応している中で、このeVTOLへ早期に取り組むべきと考え、トヨタ自動車株式会社がリードインベスターを務めるシリーズCの出資ラウンドに参加する形で、高度な航空技術・開発能力を持つJobyへ出資した。Jobyとは空飛ぶタクシーへの保険に関する将来的な協業に合意している。

JobyはeVTOLの開発に取り組み、将来は空飛ぶタクシーサービスの提供を目指している企業で、2009年の創業以来、航空宇宙やソフトウェアに長けた優秀な技術者を配し、「10億人の人々に1日1時間、時間を節約してもらう」というビジョンを掲げている。CES2020では、トヨタ自動車との協業も発表している。

あいおいニッセイ同和損保は、Jobyとの協業を通じてeVTOLに関する知見を得ながら、専用保険商品・サービスの検討を進めていくという。また、運転挙動に応じて保険料が変動するテレマティクス自動車保険のパイオニアとして培ってきたノウハウを生かし、eVTOLの飛行実態に応じて保険料が変化する商品の研究をしていくとしている。

Joby AviationのJoeBen Bevirt氏は次のようにコメントしている。

今後登場する新たなモビリティを深く理解したい、そしてその専用保険を検討していきたいという想いを持つあいおいニッセイ同和損保からの出資を受け入れることは、我々Jobyにとって大変有意義です。今後、あいおいニッセイ同和損保と共に、日本を中心にeVTOL事業が展開できることをとても楽しみにしています。

■Joby eVTOLの特長
  1. 業界屈指の航続距離(通常約240km、最大300km超)・飛行速度(最高時速約320km)を誇り、かつ静寂性にも優れている
  2. 万が一、プロペラが一つ壊れても問題なく運行できる安全性の高い設計であり、航空機と同じ飛行制御システムを組込むことでパイロットの負担を軽減することができる
  3. オペレーティングコストは一般的なヘリコプターと比べ大幅に効率化が図られている
Joby Aviation

関連する記事

JAL、エアモビリティ分野でVolocopterと業務提携

Volocopterの物資輸送用eVTOL機「Volodrone」 日本航空株式会社(以下:JAL)は、Volocopter GmbH(以下:Volocopter)とエアモビ... 続きを読む

Autoflight、V400発表、つづく新eVTOL機ライナップもアナウンス〜Yuneec創始者が見る夢は?

中国とドイツを拠点とするAutoflightは、物流や旅客輸送のためにさらなる大型eVTOL開発を行っている。最新貨物用ドローン“Albatross(V400)”を中国深圳で開催さ... 続きを読む

KLM、V字型次世代機「Flying-V」プロトタイプ初飛行

2020年は、簡単に海外旅行に行くことができない。そんな中、KLMオランダ航空は9月7日、デルフト工科大学と2040年以降の実用化を目指す次世代旅客機「Flying-V」のプロトタ... 続きを読む

EHang、航空救急車開発国際プロジェクト「Ambular」に参加

AAV技術プラットフォーム企業であるEHangが、医療救急用のAAV開発を目指す国際プロジェクト「Ambular」への参加を決定した。このプロジェクトは、ICAO(国際民間航空機関... 続きを読む

EHang、消防用ドローン「EHang 216F」発表。多発する高層階火災に有用か

AAV(自律型空撮車)技術プラットフォーム企業であるEHangは、EHang 216をベースに新しい消防バージョン「EHang 216F」を発表した。EHang 216Fは高層ビル... 続きを読む