Embraer、eVTOL専用シミュレータで初飛行。今後の開発や運用に使用

2020-07-28 掲載

Embraerはブラジル最大、世界第3位の航空機製造会社でもある。その航空機メーカーのeVTOL部門であるEmbraerXは、ブラジルのサンホセ・ドス・カンポスで、eVTOLシミュレータの初「飛行」を完了した。

このシミュレータは、eVTOLプロトタイプの飛行テストに使用され、現実的な飛行条件と飛行制御パラメータ、認証可能な制御法、そしてエンブラエルの第5世代のフライ・バイ・ワイヤ式飛行制御装置が組み込まれている。

UIは、初心者と経験豊富なパイロットの両方を想定して設計されているが、同社は最終的には完全自律型のeVTOLエアタクシーの実現をゴールとしている。

▶︎EmbraerX
[Category:]
[TAG : ]

関連する記事

Autoflight、V400発表、つづく新eVTOL機ライナップもアナウンス〜Yuneec創始者が見る夢は?

中国とドイツを拠点とするAutoflightは、物流や旅客輸送のためにさらなる大型eVTOL開発を行っている。最新貨物用ドローン“Albatross(V400)”を中国深圳で開催さ... 続きを読む

KLM、V字型次世代機「Flying-V」プロトタイプ初飛行

2020年は、簡単に海外旅行に行くことができない。そんな中、KLMオランダ航空は9月7日、デルフト工科大学と2040年以降の実用化を目指す次世代旅客機「Flying-V」のプロトタ... 続きを読む

EHang、航空救急車開発国際プロジェクト「Ambular」に参加

AAV技術プラットフォーム企業であるEHangが、医療救急用のAAV開発を目指す国際プロジェクト「Ambular」への参加を決定した。このプロジェクトは、ICAO(国際民間航空機関... 続きを読む

あいおいニッセイ同和損保、Joby Aviationへ出資。空飛ぶタクシーにいち早く取り組む姿勢

JobyのeVTOL MS&ADインシュアランスグループのあいおいニッセイ同和損害保険株式会社(以下:あいおいニッセイ同和損保)は、eVTOL(空飛ぶクルマ)の開発・実用化を進め... 続きを読む

Wisk、Pete Kunz博士をCTOに迎え強化を図る

またUAMの世界に大きな動きが見られた。世界初の電気自動車タクシーを開発したUAM(アーバン・エア・モビリティ)企業であるWiskは、Pete Kunz博士が取締役として同社に参加... 続きを読む