Embraer、eVTOL専用シミュレータで初飛行。今後の開発や運用に使用

2020-07-28 掲載

Embraerはブラジル最大、世界第3位の航空機製造会社でもある。その航空機メーカーのeVTOL部門であるEmbraerXは、ブラジルのサンホセ・ドス・カンポスで、eVTOLシミュレータの初「飛行」を完了した。

このシミュレータは、eVTOLプロトタイプの飛行テストに使用され、現実的な飛行条件と飛行制御パラメータ、認証可能な制御法、そしてエンブラエルの第5世代のフライ・バイ・ワイヤ式飛行制御装置が組み込まれている。

UIは、初心者と経験豊富なパイロットの両方を想定して設計されているが、同社は最終的には完全自律型のeVTOLエアタクシーの実現をゴールとしている。

▶︎EmbraerX
[Category:]
[TAG : ]

関連する記事

大阪府吉村知事、「空の移動革命社会実装大阪ラウンドテーブル」設立宣言!SkyDrive参画へ

「空の移動革命社会実装大阪ラウンドテーブル」設立式の様子 パネルを持つ3名 左から、慶應義塾大学大学院教授 中野冠氏、大阪府知事 吉村洋文氏、SkyDrive代表取締役CEO 福... 続きを読む

Alaka’i Technologies、NASAと「空飛ぶクルマ」機体パートナー選出へ。唯一の水素燃料電池搭載

NASAは、Alaka’i Technologies(以下:Alaka’i)がNASAのAdvanced Air Mobility National Campaign(先進的エ... 続きを読む

GA-ASI、遠隔操縦無人機シーガーディアン飛行実証を日本で開始

米ジェネラル・アトミクス・エアロノーティカル・システムズ社(以下:GA-ASI)は、アジア航測株式会社と協業し、青森県八戸市でGA-ASI製の遠隔操縦無人機MQ-9B「SeaGua... 続きを読む

JAL、エアモビリティ分野でVolocopterと業務提携

Volocopterの物資輸送用eVTOL機「Volodrone」 日本航空株式会社(以下:JAL)は、Volocopter GmbH(以下:Volocopter)とエアモビ... 続きを読む

Autoflight、V400発表、つづく新eVTOL機ライナップもアナウンス〜Yuneec創始者が見る夢は?

中国とドイツを拠点とするAutoflightは、物流や旅客輸送のためにさらなる大型eVTOL開発を行っている。最新貨物用ドローン“Albatross(V400)”を中国深圳で開催さ... 続きを読む