Swift Engineering、NASA共同プロジェクト“SULE”初フライト成功

2020-07-30 掲載

Swift Xiの親会社であるSwift Engineering Incは、アメリカ航空宇宙局(NASA)エイムズ研究センターの協力により、高高度滞空型無人航空機(Swift Ultra Long Endurance/以下:SULE)の初フライトに成功した。

Swift Flight Teamは、アメリカ合衆国で高高度(高度21km)を飛行するUAVを製造できる唯一のチームであり、SULEが高高度での調査飛行を実現できる機体構成であることを証明した。Swift Engineering Inc.およびSwift Xi代表取締役会長・CEOの松下弘幸(ヒロ松下)氏は次のようにコメントしている。

我々がここ数年をかけて開発してきたSULEが初フライトを終えることができた。低高度の人工衛星に変わって、我々のUAV(SULE)が未来の一端を担う日がもう直ぐ確実にやってきます。

飛行試験はNASAからの全面的なバックアップにより、アメリカ合衆国ニューメキシコ州の宇宙飛行場にて実施された。高度約21kmを自律飛行するよう設計されたSULEは、高高度・成層圏付近での24時間連続飛行を実現し、商業、モニタリング、通信、防衛など多用途での使用が想定されている。基本スペックは、太陽光パネル搭載飛行翼(22m)、機体重量(82kg)、ペイロード(6.8kg)。

SULEは、NASAより航空機の強度・構造・性能が安全性及び環境保全のための技術上の基準に適合している証明である耐空証明書(Airworthiness Certifications)、およびアメリカ連邦航空局(FAA)より商業空域における飛行許可証(FAA‘s Certificate of Authorization)を取得している。

Swift Engineering

関連する記事

Alaka’i Technologies、NASAと「空飛ぶクルマ」機体パートナー選出へ。唯一の水素燃料電池搭載

NASAは、Alaka’i Technologies(以下:Alaka’i)がNASAのAdvanced Air Mobility National Campaign(先進的エ... 続きを読む

NASA、 ラングレー研究センターeVTOL 「Langley Aerodrome 8」開発順調に進行中

imge Credits: NASA NASAラングレー研究センターが発表した新しい映像には、Langley Aerodrome 8 (以下LA-8)が紹介されている。これは... 続きを読む

GA-ASI、NASAと共同で遠隔操縦無人機デモフライトを南カリフォルニアで実施

米ジェネラル・アトミクス・エアロノーティカル・システムズ社(以下:GA-ASI)は、NASA(米国航空宇宙局)と共同で遠隔操縦無人機SkyGuardianのデモフライトを、4月上旬... 続きを読む

NASAとコリンズ・エアロスペースがNAS無人航空機向けのセーフ・オペレーション技術を開発

Command Non-Payload Control(フライトテスト・コントロール・ルーム 以下CNPC)飛行実験を行うセンター。複数の機体やさまざまなラジオ、アンテナ設備を配置... 続きを読む

Swift021日本国内初テストフライト成功

スウィフト・エックスアイ株式会社は、2019年12月9日から13日にかけてVTOLドローンSwift021テストフライトを淡路市生穂新島地区において実施した。日本国内では初フライト... 続きを読む