DRONE

EHang、AAV(自律型空撮車)新生産工場を設立。いよいよパッセンジャードローンが量産化へ

EHang、AAV(自律型空撮車)新生産工場を設立。いよいよパッセンジャードローンが量産化へ

パッセンジャードローンを世に広め、AAV(自律型空撮車)技術のリーディングカンパニーであるEHangは中国広東省雲府市に、当初の年間生産能力600台を予定し、現地政府の支援を受け約600万米ドルの投資で、新たなAAV量産工場を新設することを発表した。同施設は、エアモビリティソリューションの研究開発施設や運用・技術人材のトレーニングセンターなど、業界をリードするAAV生産拠点としての設立を目指している。

雲府市に新設される施設

DRONE.jpでは、Ehangが初のパッセンジャードローンを発表した時より追いかけているがいよいよ量産化に入ると思うと感慨深い。現行のEhang 216がメインとなるだろうが、新機種の発表も近々発表と聞く。ますます興味深いところだ。

EHang本社屋

中国におけるAAVの市場需要の増加と商業化により、当社は生産を拡大し、製造能力をアップグレードする必要に迫られています。EHang Yunfuの施設は、当社の既存施設の拡張として機能し、中国における当社のエアモビリティ事業の成長をサポートします。

とEHangの創業者であり、会長兼CEOであるHuazhi Hu氏は述べている。

雲府市政府はEHang社が雲府市にAAV製品の生産拠点施設を設立することを歓迎します。全面的に支援しており、地元のハイテクコミュニティに強い活力をもたらし、地元の優秀な人材に数百の新雇用の創出など期待しています。

と雲府市の東洪市副市長は、発足式に出席しコメントした。

▶︎EHang
DJI AIR 2S
Return Top