DRONE

KDDI、国内初の自治体運営によるドローン配送事業、伊那市支え合い買物サービス「ゆうあいマーケット」本格運用開始

KDDI、国内初の自治体運営によるドローン配送事業、伊那市支え合い買物サービス「ゆうあいマーケット」本格運用開始
配送に利用するドローンは、PRODRONEが提供するPD6B-type3

長野県伊那市は、KDDI株式会社と「空飛ぶデリバリーサービス構築事業」として実証を重ね構築した、ドローンによる商品配達を行う支え合い買物サービス「ゆうあいマーケット」を、伊那ケーブルテレビジョン株式会社と2020年8月5日から開始する。

少子高齢化に伴う買い物困難者が増加する中、食料品などの日用品をケーブルテレビのリモコンで手軽に注文しドローンによる当日配送を実現することで、買い物困難者を支援するとともに、買物支援の担い手不足などの地域課題解決を図っていくという。なお、自治体が運営主体となってドローン配送事業の本格運用を開始するのは、日本で初めての取り組み。

サービス概要

配送用ドローンは、KDDIのモバイル通信ネットワークに対応し、BVLOS(目視外自律飛行)、遠隔監視制御が可能なスマートドローン。機材はPRODRONEのPD6B-type3を使用する。日用品などを最大5kgまで積載し約7km離れた地点まで配送することができる。なお、同サービスは航空法に基づく「補助者無し目視外飛行」と「最大離陸重量25kg以上の無人航空機の機能及び性能」承認下でのサービスとなる。

PRODRONEが提供するPD6B-type3

同サービスは、ドローン配送だけでなく、地域住民の見守りを行う集落支援員による陸送も実施する、新しいテクノロジーとマンパワーを融合したサービスとなる。また、新型コロナウイルス感染症拡大の影響が広がる中で、山間部に住む高齢者を中心に、3密を避けた新たな買物の手段を確立できるため、今後の活用が期待されている。

■利用方法

  1. ケーブルテレビの画面で商品を注文。午前11時までに注文を受けた商品は、その日の夕方には利用者宅へお届け
  2. 注文された商品は、ドローンを使って近隣の公民館まで配送される。ドローンで運ぶことのできない荷物については、軽自動車で運ばれる
  3. 利用者はドローンの着陸地点である近隣の公民館に荷物の受け取りに行く。取りに行くことができない場合は、ボランティアが配達を行う

Return Top