EHang、航空救急車開発国際プロジェクト「Ambular」に参加

2020-08-24 掲載

AAV技術プラットフォーム企業であるEHangが、医療救急用のAAV開発を目指す国際プロジェクト「Ambular」への参加を決定した。このプロジェクトは、ICAO(国際民間航空機関)の支援を受けており、世界の航空界にeVTOL(電動垂直離着陸機)の可能性を引き出すことを目指している。

Ambularプロジェクトは、2017年後半にICAOが航空の未来を探るために行った調査後組閣された。ICAOは、非常に迅速な医療輸送のためのAAV利用の可能性を認識した。

UAMの展開と普及に新たなマイルストーンを達成した、世界で初めて旅客グレードのAAVを発売し、商業化した企業として、具体的にEHangは「Ambular」に必要なハードウェア(ローターやモーターなど)を提供し、それによって機体の動力部品の研究開発を推進していく。

現在は主に救急車やヘリコプターに頼っている中国でのコロナ禍時には、2020年2月にEHang社の2人乗り旅客用AAV「EHang 216」が救急車として医療物資や人員を病院に搬送する役割を果たした実績もある。 洪水救助、森林消火、高層ビルの消火などの緊急対応の課題を解決するために、AAVの利用を継続的にEHang社は検討している。

2020年2月、中国で医療救急搬送のためのEHang 216便を運航

ICAOが支援するAmbularプロジェクトに参加できることに興奮しており、業界のリーダーたちと協力して、緊急時に「重要な分を救う」という使命を果たすことができます。

これは、UAMの大きな価値を社会に示すことができます。私たちは、UAMが交通機関を大幅に改善し、人々の生活にプラスの影響を与える可能性があることを理解しています。

安全性、スマートシティ、クラスター管理、環境への配慮は、現代のUAMエコシステムの基本的な考え方を形成しています。UAMシステムの開発は、既存の地上交通機関に代わる実行可能な代替手段となるでしょう。

EHang創業者CEOの胡華智(Huazhi Hu)氏は、コメントしている。

▶︎Ambularプロジェクト
[Category:]
[TAG : ]

関連する記事

大阪府吉村知事、「空の移動革命社会実装大阪ラウンドテーブル」設立宣言!SkyDrive参画へ

「空の移動革命社会実装大阪ラウンドテーブル」設立式の様子 パネルを持つ3名 左から、慶應義塾大学大学院教授 中野冠氏、大阪府知事 吉村洋文氏、SkyDrive代表取締役CEO 福... 続きを読む

Alaka’i Technologies、NASAと「空飛ぶクルマ」機体パートナー選出へ。唯一の水素燃料電池搭載

NASAは、Alaka’i Technologies(以下:Alaka’i)がNASAのAdvanced Air Mobility National Campaign(先進的エ... 続きを読む

GA-ASI、遠隔操縦無人機シーガーディアン飛行実証を日本で開始

米ジェネラル・アトミクス・エアロノーティカル・システムズ社(以下:GA-ASI)は、アジア航測株式会社と協業し、青森県八戸市でGA-ASI製の遠隔操縦無人機MQ-9B「SeaGua... 続きを読む

DRONE FUND、3号ファンド設立。目標調達額100億円、ドローン・エアモビリティ社会実装を牽引

投資先企業(一部)のプロダクトイメージ DRONE FUND(以下:ドローンファンド)は、2020年5月に目標調達額を100億円とする「DRONE FUND 3号投資事業有限... 続きを読む

JAL、エアモビリティ分野でVolocopterと業務提携

Volocopterの物資輸送用eVTOL機「Volodrone」 日本航空株式会社(以下:JAL)は、Volocopter GmbH(以下:Volocopter)とエアモビ... 続きを読む