アトラックラボ、アバターロボットに最適なローバー型ロボット「AT-CARTベーシック」発売

2020-08-25 掲載

株式会社アトラックラボは、無人搬送車のベースとなるローバー型ロボット「AT-CARTベーシック」を発売した。価格は税別18万円で、シャーシは組み立て済み完成品。

AT-CARTシリーズは、ブラシレスインホイールモーターを2基搭載し、80kg以上のペイロードを誇るローバー型ロボットシャーシ。重量は片手で持てる10kgで、可搬性、安全性にも優れているという。物品搬送車、警備ロボット、除草材散布、消毒ロボットなど、ローバー型ロボットのニーズが高まっており、それらロボット開発を容易にするプラットフォームとして使用することができる。

応用製作例:RealSense T265を用いた屋内自律走行

AT-CARTベーシックは、ブラシレスモーター、タイヤ、ブラシレスモータードライバーと、ラジコンプロポ、コンピューターなどに接続するCARTインターフェースのセット。スキッドモード(左右の車輪を個別に回転させその場で転回できる)の操縦系で、小回りの効くデザインになっている。シャーシは、ミスミの30mm角フレームで組まれており、上部に様々な機器を組込むのに便利な構造になっている。同製品の詳細は以下の通り。

  • 最高速度:約8km/h(最高速度は設定で8km/h以下に設定できる)
  • 電源電圧:19V~26V(リチウムポリマーバッテリー6セル~7セルに対応)
  • 最大垂直荷重:1輪あたり30kg(4輪に均等に荷重がかかる場合、最大重量120kgまで)
  • 車体重量:10kg(バッテリー含まず)
株式会社アトラックラボ

関連する記事

Boston DynamicsとPercepto提携、ドローン「PERCEPTO」の相棒は四足歩行ロボット「 SPOT」

Percepto社が開発した自律飛行点検ドローンは、まもなくロボット化された4足歩行ロボットでお馴染みの「Spot」が相棒になる。先日Percepto社とBoston Dynami... 続きを読む

アトラックラボ、銀座農園と共同開発した農業用地上ロボット展示・受注開始

株式会社アトラックラボは、銀座農園株式会社と共同開発した農業用地上ロボット「FARBOT」シリーズを、幕張メッセで2020年10月14日より開催される農業Weekの会場で展示、受注... 続きを読む

Walmart、ドローン配送を開始〜ドローンで商品が届く日がやってきた!

ドローン配送で買い物もいよいよ現実味を帯びてきた新規事業でドローン関連の多くの特許を取得している世界最大のスーパーマーケットチェーンのWalmart(日本の西友もその傘下)は、ノー... 続きを読む

DFA、陸上配送ロボット「YAPE」商用プログラム・パートナー企業を5社限定で募集

株式会社Drone Future Aviation(以下:DFA)は、EC化の進展と労働力不足を背景に自動運転技術の導入が期待されるラストワンマイルの配送を担う、陸上配送ロボット「... 続きを読む

楽天と東急リゾーツ&ステイ、「グラマラスダイニング蓼科」にて自動走行ロボットで商品配送サービス提供

楽天株式会社と東急リゾーツ&ステイ株式会社は、東急リゾーツ&ステイが運営する長野県茅野市の複合リゾート施設「東急リゾートタウン蓼科」のグランピング施設「グラマラスダイニング蓼科」に... 続きを読む