DRONE

DJI、空撮で地方創生促進!与論島で観光PRに繋がる動画撮影ワークショップ開催

DJI、空撮で地方創生促進!与論島で観光PRに繋がる動画撮影ワークショップ開催

DJI JAPAN 株式会社は、与論町役場商工観光課、一般社団法人ヨロン島観光協会とタッグを組み、鹿児島県与論島の観光に携わる島民を対象に、与論島の素晴らしい魅力をより強く、より多くの方々に発信するため、観光PRに繋がる動画撮影のワークショップを開催した。

ワークショップは2日間で、撮影テーマから機材の使い方、動画の撮り方、専用アプリを使った動画編集、SNS発信に至るまで、座学と撮影/編集の実技体験を行った。

DJIは、空撮のリーディングカンパニーとして社会的責任を果たすべく、空撮やドローン飛行の啓蒙活動や様々な施策に取り組んでおり、数年前より地方自治体と連携し、年々増加する空撮愛好家が空撮を楽しめるように安全に飛行できるエリアを開拓する「ソラタビ」を促進してきた。

新しい生活様式に対応する地方自治体の観光誘致の高まりを受け、DJIは「DJIの有する空撮やジンバル技術を用いた撮影、動画編集の知見や技術をサポートすることで、自治体が自主制作する観光動画をPRとして発信する一助となり、地方観光を促進したい」という想いから、空撮スポットの開拓だけでなく、観光資源としての「観光映像」制作をサポートし、来訪動機を与え、地方誘客に貢献していくとしている。

DJI
Return Top