PlayWings、世界初の魚群探知ドローン「CHASING F1」をGREEN FUNDINGにて予約受付開始

2020-08-26 掲載

株式会社PlayWingsは、2020年8月25日より、CHASINGの魚群探知ドローン「CHASING F1」の先行予約受付を国内クラウドファンディングGREEN FUNDINGにて開始した。

CHASING F1は、全てのフィッシングシーンに対応できるよう設計されたリモコン付きのハイテクデジタルフルHD魚群探知機の水中ドローン。水中の地形、環境、その下にある障害物、魚群の位置、水中での魚の位置に関する便利な情報が収集できる。CHASING F1には、4つのスラスタを備えたベクトルレイアウト推進システムがあり、多自由度運動を実現できる。APPを介して制御される全方向の水平移動により、魚のスポットをより迅速かつ正確に見つけることができる。

また、CHASING F1は最大1080P動画/2Mピクセル画像をサポートしている。内蔵のソニーIMX307ステラカメラセンサーは、水中カメラ検出器の隣に赤外線ライトを備えており、暗い環境で魚をより鮮明に捕らえた動画撮影が可能で、視界は最大1メートルに達することができる。深度センサーと温度センサーが組み込まれた小型の水中カメラ検出器は、Wi-Fiを介して画像と深度と温度のリアルタイムの読み取り値をAPPインターフェースに返すことができ、 最大動作深度は28メートル。

Chasing F1は、餌ボートやソナーボールなどの複数のアクセサリーの取り付けをサポートしている。新たに追加された通信および電源インターフェースによって拡張でき、将来的にマウントアクセサリーによる機能拡張も可能。餌のボートは、アプリをクリックするだけで餌を降ろすことができる。小型の水中カメラで釣りの様子をリアルタイムで観察できる。

内蔵のリチウム電池は最大6時間使用でき、交換が可能また、4基のスラスター付き、GPS、全方向移動、浮遊、停止、複数の釣りスポットの記録、釣り場を移動する際の自動クルーズ、ワンキーリターンなど、さまざまな機能を備えている。マシンがリモートコントロール距離を超えた場合、自動的に初期ホームポイントに戻り、ドローンが安全な範囲内にあることを維持できる。

「CHASING F1」GREEN FUNDING

関連する記事

ジュンテクノサービス、水槽での水中ドローンデモは活況 [Japan Drone 2020]

ジュンテクノサービス/ドローンテクニカルファクトリー川越/CFD販売のブースでは、ジャパンドローン2020唯一となる、水槽での水中ドローンデモを行いに人気を博していた。展示されたの... 続きを読む

FullDepth、産業用水中ドローン「DiveUnit300」が大人気! [Japan Drone 2020]

DiveUnit300本体 産業用に特化した水中ドローンを開発する株式会社FullDepthは、昨年秋に新製品としてリリースした「DiveUnit300」を展示していた。重量... 続きを読む

CFD、CHASING社の4Kカメラ搭載プロフェッショナル向け水中ドローン発売

CFD販売株式会社は、同社が代理店を務めるCHASINGブランドの新製品として、4Kカメラを搭載したプロフェッショナル向け水中ドローン「CHASING M2_200M/CHASIN... 続きを読む

エバーブルーテクノロジーズ、全長2m級オリジナル帆船型ドローン、海上自動操船と自律航行テスト成功

エバーブルーテクノロジーズ株式会社は、技術開発および実証テストを進めてきた帆船型ドローンの実証機「Type-A」の開発において、海上での自動操船と長時間自律航行に成功しサービス開発... 続きを読む

イーエムアイ・ラボ、スマート農業に対応した除草剤散布用小型無人ボート販売開始

除草剤散布用小型無人ボート 株式会社イーエムアイ・ラボ(以下:EMI-LAB)は、スマート農業に対応した除草剤散布用小型無人ボートの販売を開始した。 EMI-LABは、... 続きを読む