DRONE

エアロネクスト、「JAXA航空イノベーションチャレンジ2020」に採択

エアロネクスト、「JAXA航空イノベーションチャレンジ2020」に採択

エアロネクストの4D GRAVITY搭載「Nextシリーズ」

株式会社エアロネクストは、「JAXA航空イノベーションチャレンジ2020 powered by DBJ」において、研究テーマ「マルチコプターにおける重心位置の変化が機体特性に与える影響の調査」が採択されたことを発表した。

「JAXA航空イノベーションチャレンジ2020 powered by DBJ」は、宇宙航空研究開発機構(JAXA)が世界の航空輸送や航空利用にイノベーションをもたらし、日本の航空産業の競争力強化につながる新たな技術やアイディアを航空分野のみならず異分野からも広く求めて、2020年6月10日から7月17日まで公募を実施したもの。

2020年度は、「JAXA航空イノベーションチャレンジ2020 powered by DBJ」として、株式会社日本政策投資銀行(DBJ)の協力のもと、製品/サービスのコンセプト作りや事業計画検討など、社会実装に向けたサポートを強化し、日本の航空産業・航空技術の競争力強化につながる新たな技術やアイディアの実現を目指しており、今回はフィージビリティスタディへ進む18件が採択され、エアロネクストの調査案件もそのうちの1件として選定された。

今回の採択は、日本の航空産業の競争力強化や航空利用につながるイノベーションを起こすアイディアであることはもちろん、アイディアの新規性、革新性等の魅力や社会インパクト、さらに具体的な内容、スケジュール、費用や将来の事業化・実用化の可能性等のフィージビリティスタディの実行性に関する厳正なる審査の結果だという。

エアロネクストは、機体重心を最適化することで、産業用ドローンの基本性能を向上させる構造設計技術4D GRAVITYを産業用ドローンに標準搭載するため強固な特許ポートフォリオを構成し、4D GRAVITYライセンスに基づくパートナーシップ型のプラットフォームビジネスをグローバルに推進している。

Return Top