DRONE

ドローン検定協会、ドローン情報基盤システムDIPSと連携、許認可情報を管理可能なサービス提供開始

ドローン検定協会、ドローン情報基盤システムDIPSと連携、許認可情報を管理可能なサービス提供開始

ドローン検定協会株式会社は、国土交通省航空局が管理するドローン情報基盤システム(略称DIPS)と連携し、ドローン検定協会メンバーサイト登録者がドローン情報基盤システムから許可承認情報を取得できるサービスを開始した。

ドローン情報基盤システム(DIPS)は、インターネットを利用して、航空法に基づく無人航空機(ドローン等)の飛行に関する許可承認申請や各種報告等を行うことができるシステムの総称で、国土交通省航空局が管理運営を行っている。

これまで国土交通省(国)が発行した無人航空機(ドローン等)に関する許可承認情報(以下:許可承認情報)は、DIPS上でのみ管理されていたが、この許可承認情報を広く活用するため、航空局が整備したシステム連携APIを活用して、DIPSとドローン検定協会データセンターを、暗号化された安全な通信回線で接続し、許認可情報を取得管理する。DIPSと共有された許認可情報を利用し、様々な(民間)サービスを提供するという。

DIPSから取得された許可承認情報は、ドローン検定協会メンバーサイト内にてその有効期限と共に一覧表示されるため、管理を容易に行うことができる。また、3か月ごとに必要な飛行報告時期や有効期限が近くなった日にメールにてお知らせを行うため、更新備忘機能としても活用可能。

現在、ドローン検定協会では、既に無人航空機の飛行履歴(ログ)管理サービスを提供しているが、登録された許可承認情報と飛行履歴情報を紐づけし、国土交通省へ3か月ごとに行わなければならない飛行報告を容易に行えるサービスの提供を開始予定。

また、自動的にQRコードを発行し、それを読み込むことで、所有している航空局の許可承認一覧や無線従事者免許・無線局免許情報を一覧として第三者に提示できるサービスも今年度中に開始予定。

なお、同サービスの利用は無料だが、ドローン検定協会メンバーサイトへの登録が必要。

Return Top