Amazon、Prime Air FAA認可。空からの配送、さらに現実化

2020-09-01 掲載

FAA(連邦航空局)は、Amazonに対してドローン配送サービスを開始するための規制空域の許可をした。FAAは、Amazonが取り組んでいる配送ドローンサービスであるPrime Airに対して航空運送業者としての認可を与えたことになる。

FAAの役割は、あらゆるUAS操作が安全に行われるようにすることです。FAAは、特に健康や天候に関連した危機の際に、国民にとって有益な技術革新を支援しています。

とFAAの広報担当者はコメントし、Amazon Prime Air副社長デビッド・カーボン氏は声明の中で次のように述べている。

今回の認可はPrime Airにとって重要な一歩であり、いつか世界中のお客様に荷物をお届けする自律型ドローン配送サービスに対するアマゾンの運用・安全手順に対するFAAの信頼を示しています。 私たちは、配達用ドローンを技術の開発と改良を続け、30分配達という私たちのビジョンを実現するために、世界中のFAAやその他の規制当局と緊密に協力していきます。

2013年にプロジェクトが立ち上がり、FAAは、2015年にAmazonの物流部門に実証実験のための耐空証明書を付与した。この証明書により、Amazonはドローン配送の一歩を踏み出した。開発や乗務員訓練のためにドローンを飛ばすことができるようになった。

昨年前半に連邦航空局(FAA)は、合法的なドローン配送を促進するために、グーグルのスピンオフ企業であるWing社に、ドローンの航空運送業者として認可した。その年の後半にはUPSが認可された。そしてPrime Airが認可された飛行エリアでの実証実験研飛行許可を獲得した。ドローン配送認可3社目の企業となる。

(Image Via JORDAN STEAD / Amazon)黒い背景の前に白と水色のPrime Airドローン。VTOLとクアッドコプターの中間デザイン。中央には6個のプロペラを実装

最新のPrime Airドローンの航続距離は15マイルで、5ポンド以下の荷物を運ぶことができる。

▶︎Prime Air
[Category:]
[TAG : ]

関連する記事

Amazon、ドローンでスキーヤーやサーファーを牽引、新特許出願で明らかに

先日Amazonが本格的にPrime Airでドローン配送のFAA認可をお伝えしたばかりだが、Amazonはドローンを配送だけに使用するわけではないようだ。Amazonが出願した新... 続きを読む

Amazon、自動運転のZoox社を買収

Zooxは、「乗客のことを第一に考え、自律走行技術をゼロから設計することで、ライド・ハイリングの未来を開拓している先進的なチーム」と表現されており、ZooxのCEOであるAicha... 続きを読む

Wing、ドローン配送でバージニア州の学生に図書館の本を届ける

バージニア州の司書が思いついたのは、ソーシャルディスタンシングを取りながら図書館の本をドローンで配達して、より多くの子どもたちに読書を奨励するというアイデアだ。そのアイデアが実現し... 続きを読む

Amazon Prime Air、技術を生かし、フェイスシールド開発。医療従事者の保護に貢献

新型コロナウイルス拡大によって、第一線で活躍する医療従事者のためのフェイスシールド保護具は、今もなお不足している。必要性を感じたAmazon Prime Airの機械設計チームとハ... 続きを読む

FAA、「リモートID」について、AirBus、Amazonなど技術協力8社を選定。技術仕様を固め、普及に着手

FAA(米国運輸省連邦航空局)は、昨年発案説明された、リモートID(遠隔識別)サプライヤー要件を確立するために認定の8社を発表した。リモートIDは、ドローンがアメリカ空域内で活動し... 続きを読む