DRONE

スカイマティクス、電波伝搬路支障木判定システム「くみきフレネル」サービス提供開始

スカイマティクス、電波伝搬路支障木判定システム「くみきフレネル」サービス提供開始

株式会社スカイマティクスは、北海道電力株式会社と共同開発した電波伝搬路支障木判定システム「くみきフレネル」のサービス提供を2020年9月3日より開始した。

トップ画面

同サービスは、ドローン計測サービス「くみき」と利用することにより、手持ちの汎用ドローン等で空撮した計測対象地域の高解像度連続写真をクラウド上にアップロードするだけで、自動的に地形データを生成、独自のアルゴリズムを用いて自動で対象区域の支障木・支障木予備軍の場所と本数を判定し、支障木調査報告書に必要なデータを出力する。

支障木調査における現地作業の人員や所用時間を削減し効率化を実現するほか、測量等の専門スキルを不要とし支障木自動解析結果のダウンロードデータを用いることで、報告書の標準化も可能となる。

支障木解析結果画面 断面図表示

■電波伝搬路支障木判定システム「くみきフレネル」概要

  • サービス開始日:2020年9月3日
  • 機能(「くみき」との併用):オルソ画像生成・三次元データ生成・DSM生成・支障木解析・レポートの自動生成
  • 対象ドローン:DJI製 Inspire 2、Phantom、Mavic他
  • 対象デバイス:パソコン(Windows 10、Mac OS 10.12.6以上)
  • 対象ブラウザ:Google Chrome/Microsoft Edge
Return Top