DRONE

Autel、アメリカ製EVO II Dual発表。Made in USAをアピール

Autel、アメリカ製EVO II Dual発表。Made in USAをアピール

アメリカでの中国企業排斥の動きが顕著だ。先ごろのTikTokもそうだが、DJIなどにもその矛先は向かっている。中国の深圳に本社を構えるAutel Roboticsは、アメリカでのポリシーを変更した。

Autel Roboticsは、Autel EVO II Dualエンタープライズパッケージをリリースした。Autel Enterpriseブランドでは、アメリカ国内製を提供していく。Autel Robotics CEOのゲイリー・デルーカ氏は以下のようにコメントした。

我々は販売店に、製造変更は直ちに有効であり、この新シリーズのバンドルは既存の在庫を出荷する能力に影響を与えないことを通知しました。我々は、最初に製品をリリースした日から、お客様のニーズに対応するために製品ラインの変更を行ってきました。

「EVO2 Dual」はFLIR Bosonセンサーを搭載した赤外線カメラとEVO IIの8Kカメラで同時撮影(静止画)が可能だ。

中国製の機体、米国のフリアーシステムズの赤外線サーマルカメラ、日本のソニー製イメージャーを使用し、最終的な製品は米国ワシントン州ボッチェルで組み上げられる。

バンドルされている部品の大半は、FoxFury、GPC、TacSwanなどの米国メーカーから調達しています。当社のソフトウェアやその他のコンポーネントも、主に国内やNATOのサプライヤーから調達しています。

私たちは、製品プログラムをメイド・イン・USAの方向にシフトさせることに深く集中しています。私たちは外部のコンサルタントを招き、私たちをアメリカのルーツに近づけるリソースとプロセスを特定するための支援をしてもらいました。

また、当社のソリューションは、運用にLTEを必要としないことを誇りに思っています。インテリジェントフライトでもマニュアルフライトでも、当社のシステムは、米国内外のサーバーに接続することなく機能します。

と、ゲイリー・デルーカCEOはコメントした。またEVO IIのプロポにはFPV用の3.3インチディスプレイが搭載されているため、スマートフォンに接続しなくても操縦可能で個人情報漏洩などバックドアの懸念がない。

プレビューおよび自律飛行モードのためにモバイルデバイスに接続されている場合、ミッションプランニングのためにローカルマップがダウンロードされると、モバイルデバイスは飛行機/データなしモードでの使用が可能だ。

Autelは、ユーザーデータが非公開のままであることを保証することに誇りを持っています。ユーザーはアカウントにサインアップする必要はなく、共有したくないデータを入力する必要はありません。データセキュリティと当社の国内製造努力を組み合わせることで、当社のAutel EVO IIデュアルプラットフォームを使用して、あらゆる公共安全機関に安全、安心、効率的な環境を提供しています。

と、公共部門のセールスマネージャーであり、元フェアファックス郡の捜査官でもあるジョン・クッチ氏は述べている。

米国のドローン産業にとって「Made in USA」が重要な理由

中国製の技術に対する米国政府の反発は、安全保障上の懸念が中心となっている。 この問題についてどのような立場に立つかは別として、ドローン業界では、認識が現実の大部分を占めている。 その結果、多くの公共安全機関は、データセキュリティに関する利害関係者を安心させるために、米国製であることを担保される需要が増えている。


Return Top