Freefly、新ドローンASTROを10月に発表

2020-09-08 掲載

いち早くMoviなどでジンバルを世に広めたFreeFly社。彼らの新しいドローンASTROのティザーが公開された。

Twitterに書かれていることは…小型、静音、Auterion(協業企業)、速い、堅牢、折り畳み可能、60Mpx、LTE、Skynode(Auterion製品)、Linux OS ミッションPC、RTK、正確さ、ジンバル、MAVSDK、スマートバッテリー、ウェイポイント、米国での設計製造、そして楽しい…とここまでのヒントでいくつか見えてくるがその詳細はまだわからない。

日本においては、Freefly社のドローン代理店であるイデオモータロボティクスが窓口となり扱う。詳細が発表される10月をひとまず待つしかない!

▶︎Freefly

関連する記事

Freefly Systems、産業用ドローン「ALTA X」用オプション「Freefly RTK GPS kit」日本国内発売開始

FreeFly RTK kit Freefly Systems Inc.(米国シアトル)が産業用大型ドローン「ALTA X」用オプションの新製品として「Freefly RTK... 続きを読む

Freefly systems産業用ドローン「ALTA X」日本国内発売開始

「Alta X」ボトムマウント Freefly Systems Inc.(米国シアトル)が産業用大型ドローン「Alta X」を2019年9月10日にリリースしたことを受け、株... 続きを読む

[MOVI]登場。DJI OSMOの好敵手になるか?

FREEFLY社からiPhone用ジンバルスタビライザー[MOVI]が発表され、本日(12月6日:北米時間)から予約が開始された。出荷は2018年3月。[MOVI]は、ハリウッド映... 続きを読む