KLM、V字型次世代機「Flying-V」プロトタイプ初飛行

2020-09-10 掲載

2020年は、簡単に海外旅行に行くことができない。そんな中、KLMオランダ航空は9月7日、デルフト工科大学と2040年以降の実用化を目指す次世代旅客機「Flying-V」のプロトタイプ・スケールモデルが、8月に初飛行したことを明らかにした。KLMは2019年10月、KLM創立100周年記念事業の期間中に2040年就航を目指し「Flying-V」を発表した。現在、Airbusを含む複数のパートナーがプロジェクトに参加している。

Flying-Vは、エネルギー効率の高い長距離輸送機の設計になっている。この機体デザインは、乗客室、貨物室、燃料タンクを翼の中に統合し、壮大なV字型のデザインとなっている。 シュミレーションによると、空力的な形状の改善と機体の軽量化により、現在の最先端航空機と比較しても燃料消費量を20%削減できると予測されている。

TUデルフトの研究者、エンジニア、ドローンパイロットからなるチームが、プロトタイプ・スケールモデル初のテスト飛行のためにドイツの航空基地に向かった。

私たちはFlying-Vの飛行特性に非常に興味を持っていました。このデザインは、私たちが持続可能性を向上させるために行っていること、そしてこれから行うことすべてを象徴する「Fly Responsibly」という私たちの取り組みに合致しています。

航空部門をより持続可能なものにするには、自分たちだけではできませんが、一緒にやらなければなりません。

パートナーと協力し、知識を共有することで、私たちはさらに先に進むことができます。だからこそ、すべてのパートナーと一緒にFlying-Vのコンセプトをさらに発展させていきたいと考えています。次のステップは、持続可能な燃料でFlying-Vを飛ばすことです。

とKLMオランダ航空社長兼CEOのピーター・エルバース氏はコメントしている。

▶︎KLMオランダ航空
[Category:]
[TAG : ]

関連する記事

Autoflight、V400発表、つづく新eVTOL機ライナップもアナウンス〜Yuneec創始者が見る夢は?

中国とドイツを拠点とするAutoflightは、物流や旅客輸送のためにさらなる大型eVTOL開発を行っている。最新貨物用ドローン“Albatross(V400)”を中国深圳で開催さ... 続きを読む

EHang、航空救急車開発国際プロジェクト「Ambular」に参加

AAV技術プラットフォーム企業であるEHangが、医療救急用のAAV開発を目指す国際プロジェクト「Ambular」への参加を決定した。このプロジェクトは、ICAO(国際民間航空機関... 続きを読む

Embraer、eVTOL専用シミュレータで初飛行。今後の開発や運用に使用

Embraerはブラジル最大、世界第3位の航空機製造会社でもある。その航空機メーカーのeVTOL部門であるEmbraerXは、ブラジルのサンホセ・ドス・カンポスで、eVTOLシミュ... 続きを読む

あいおいニッセイ同和損保、Joby Aviationへ出資。空飛ぶタクシーにいち早く取り組む姿勢

JobyのeVTOL MS&ADインシュアランスグループのあいおいニッセイ同和損害保険株式会社(以下:あいおいニッセイ同和損保)は、eVTOL(空飛ぶクルマ)の開発・実用化を進め... 続きを読む

Wisk、Pete Kunz博士をCTOに迎え強化を図る

またUAMの世界に大きな動きが見られた。世界初の電気自動車タクシーを開発したUAM(アーバン・エア・モビリティ)企業であるWiskは、Pete Kunz博士が取締役として同社に参加... 続きを読む