Cleo、セルフィーから軍事用への転身。ダクトファン型ドローンDronut

2020-09-17 掲載

時代の流れは早い。2016年起業当初は65gのセルフィードローンとして世に出るはずだったCleoは、行政及び軍事用として活用されている。その基本構造はそのままにCleoは、行政用、軍事用にピポットしたようだ。そこで生まれたのがDronutドローンだ。そのユニークなデザインは、プロペラがドローンの内部にあるダクトファン型だとことだ。

我々が行ったことは技術と能力の飛躍的進歩です。Dronutは2つの逆回転プロペラを持ち、基本的にはダクトファンドローンです。

とCleo Robotics最高経営責任者であるOmar Eleryan氏はコメントしている。

Dronutのプロペラを内部に保つことの利点は計り知れない。Cleo共同設立者であり最高技術責任者であるSimon Czarnota氏は以下のようにコメントした。

人間や他のロボットが入るのは危険であったり、不便であったりするかもしれないような狭い空間や閉鎖された空間にも飛べるように設計されています。

行政機関や軍事用施設においては、いうまでもなく安全性が第一だ。プロペラが壁にぶつかって壊れる危険性がなく、危険な場所にドローンを送り込むことが可能になる。そのため、Dronutは軍と法執行機関のみに納入されている。しかしCleoでは、次の目標は、静音性を高め、近い将来消費者向けに販売することも考えているという。

Dronutの技術を自宅やビジネスのロボット警備員として採用するかもしれませんよ。期待してください。

とEleryan氏は語った。

CES2017で公開された起業当初のCleo
▶︎Cleo Robotics

[Category:]
[TAG : ]

関連する記事

Skydio、米国国防総省「Blue sUAS」プロジェクトに軍事用X2採択される

自動飛行でおなじみのSkydioは、先日発表した「Skydio X2D」が「Defense Innovation Unit(米国国防総省の組織)」のプロジェクト「Blue sUAS... 続きを読む

パロット社が米陸軍用短距離偵察ドローン試作。米国軍事市場参入へ

フランスのドローンメーカーParrot社といえばドローン黎明期の頃から大きく発展した企業の一つだ。コンシューマ市場でDJIとの競合から、エンタープライズ市場へ以降した同社は、いよい... 続きを読む

GA-ASI、遠隔操縦無人機の提供を通じ、カリフォルニア空軍州兵の消防活動をサポート

米ジェネラル・アトミクス・エアロノーティカル・システムズ社(General Atomics Aeronautical Systems,Inc.:以下「GA-ASI」)は、カリフォル... 続きを読む

FLIR Systems、米国陸軍、兵士携帯センサープログラム用 Black Hornet個人偵察システムを3,960万ドルで受注

FLIR Systems Inc.は米国陸軍を支援するためのBlack HornetBlack Hornet 個人偵察システムを届ける依頼を3,960万ドルで請け負った。今回の契約... 続きを読む

セルフィードローンここに極まれり! 65gのCleo登場

今年もあとわずか。ドローンの進歩は凄まじく昨年に比べても大きな進化が見られた。2106年、ドローンの大きな特徴としてDOBBYをはじめとするセルフィードローンが活況だった。DOBB... 続きを読む