DRONE

DRL、トーナメントをオンライン開催。併せてDrone Racing League SimulatorもXBOXで発売

DRL、トーナメントをオンライン開催。併せてDrone Racing League SimulatorもXBOXで発売

ドローンレースを展開するDRL(The Drone Racing League)は、コロナ禍なども鑑み、2020 DRL Allianz World Championshipをシュミレーターゲーム「The Drone Racing League Simulator(以下:DRL SIM)」上でオンライン開催する。それに合わせ「DRL SIM」をXboxで発売することを発表した。

このチャンピオンシップ大会は、「DRL SIM」上で行われ、ゲーマーとドローンパイロットが競うことになる。16レースを通じて12人のエリートパイロットが挑戦する2020年シーズンは、eスポーツの新しい時代の幕開けとなること必至だ。2020年10月21日(水)午後7時(東部標準時)にNBCSN、Twitter、Facebookなどで公開される。

またこの模様は後日、NBC、NBCSN、Twitter、Facebook Watch、Sky Sports、ProSieben、Groupe AB、Youku、Weiboで世界50カ国で放送されることが決定している。

競争は人間の本性だが、戦いの場は変わる。2020 DRL Allianz World Championshipは、デジタルアスリートのスキルを試すことになります。これまでにない初めての試みとして、世界中のファンがXboxでDRLをプレイし、レーシングドローンのコックピットに乗って飛んでいるような感覚を味わえるようになります。

DRL会長のレイチェル・ジェイコブソン氏は、コメントした。 Xboxでの「DRL SIM」は、25のユニークなマップ、18のリアルなDRLトラックを世界中のパイロットと競ったり、DRLの公式パイロットになるチャンスを目指してレースをしたりすることができる。

「DRL SIM」は、スピードを求める人にとって究極のゲームです。昨年のリーグ戦でスポットを獲得したのと同じゲームであり、私が練習しているゲームであり、2020年のシーズンチャンピオンのタイトルを獲得するために計画しているゲームでもある。

ゲーマーからプロレーサーに転身したDRLパイロットのクリストファー・スパングラーは語っている。

実際に、ドローンレーサーたちもすでに「DRL SIM」で定期的にトレーニングを行っており、DRLへの新規パイロットの募集やプロのesスポーツトーナメントの開催に利用されている。ゲームプラットホームのSTEAMからも購入すつことができる。

▶︎DCL
Return Top