Freefly Systems、小型軽量ハイスピードカメラ「Wave」国内予約開始

2020-10-12 掲載
空撮用小型ドローン「ASTRO」に装着された「Wave」

イデオモータロボティクスは、同社取り扱いFreefly Systems社小型軽量ハイスピードカメラ「Wave」の日本国内予約を開始した。

Waveは、S35mmセンサーとグローバルシャッターを使用して4K(4096×2176)/420fpsや、2K(2048×1088)/1461fps、最大で2K(2048×128)9259fpsの撮影が可能。2TBモデルでは最長35分の映像を収録できるという。また、1秒間に最大3,774,873,600ピクセルを連続で5:1圧縮処理が可能だとしている。

レンズマウントはソニーEマウントを使用しており、マニュアルモードの絞りとフォーカス機構を持つレンズやオプションのスペーサーによりRED DSMCマウントも使用可能。また、同社が販売するMoVI Controllerを使用すれば、遠隔でのカメラファンクションをフルに操作可能だという。

今後は、同社が10月1日にリリースした産業用ドローン「ASTRO」へ搭載するための専用ジンバルもリリース予定だとしている。

(以下、プレスリリースより引用)

    ■イメージセンサー

  • フォーマット:S35
  • アスペクトレシオ:4:3
  • ピクセルサイズ:5.5μm×5.5μm
  • ネイティブ解像度:4096×3072
  • 有効範囲:22.53mm×16.90mm
  • シャッタータイプ:グロバールシャッター
  • ISO:250
  • ■レンズマウント

  • 標準レンズマウント:E-mount
  • 取外し機構:有り
  • ロック機構:有り
  • 電子接点:無し
  • ■レコーディング

  • 記録メディア:NVMe M.2 SSD
  • メディア容量:1TB or 2TB
  • 記録フォーマット:Compressed Bayer RAW
  • 記録 Bit Depth:10-bit
  • 圧縮レシオ:Typical 5:1 to 6:1
  • ■ビットレート

  • 最大:1.00GB/s(8.00Gb/s)
  • 4096×2176、422fps、5.5:1 0.89GB/s(6.84Gb/s)
  • 2048×1088、1461fps、5.5:1 0.74GB/s(5.92Gb/s)
  • ■連続キャプチャー時間

  • 4096×2176、422fps、1TB 19min
  • 4096×2176、422fps、2TB 39min
  • 2048×1088、1461fps、1TB 23min
  • 2048×188、1461fps、2TB 45min
  • その他 メディア容量に依存
▶︎Freefly

関連する記事

Freefly、ハイエンド空撮向け小型ドローンASTROを発表

大型空撮用ドローンでお馴染みのFreefly Systemsから、小型空撮ドローンASTROが発表された。 ASTROは、Ublox製F9P RTK GPSやSkynodeを... 続きを読む

Freefly、新ドローンASTROを10月に発表

いち早くMoviなどでジンバルを世に広めたFreeFly社。彼らの新しいドローンASTROのティザーが公開された。 3.....2......1.......Astro &#... 続きを読む

Freefly Systems、産業用ドローン「ALTA X」用オプション「Freefly RTK GPS kit」日本国内発売開始

FreeFly RTK kit Freefly Systems Inc.(米国シアトル)が産業用大型ドローン「ALTA X」用オプションの新製品として「Freefly RTK... 続きを読む

Freefly systems産業用ドローン「ALTA X」日本国内発売開始

「Alta X」ボトムマウント Freefly Systems Inc.(米国シアトル)が産業用大型ドローン「Alta X」を2019年9月10日にリリースしたことを受け、株... 続きを読む

[MOVI]登場。DJI OSMOの好敵手になるか?

FREEFLY社からiPhone用ジンバルスタビライザー[MOVI]が発表され、本日(12月6日:北米時間)から予約が開始された。出荷は2018年3月。[MOVI]は、ハリウッド映... 続きを読む