アトラックラボ、銀座農園と共同開発した農業用地上ロボット展示・受注開始

2020-10-14 掲載

株式会社アトラックラボは、銀座農園株式会社と共同開発した農業用地上ロボット「FARBOT」シリーズを、幕張メッセで2020年10月14日より開催される農業Weekの会場で展示、受注を開始する。

銀座農園は、「テクノロジーで農業の未来を豊かにする」というビジョンを掲げ、様々なテクノロジーを活用し、スマート農業を推進している。今回FARBOTシリーズの具体的な形として、センシング、草刈り、除草などに活用できるFARBOTベーシックモデルを農業Weekで展示し、受注を開始するという。

試験導入用モデル

同モデルは、量産前の機能検証用ベーシックモデルで、低価格で導入することができる。また、現場での機能や操作性を試すためのモデルとなっており、ユーザー自身でも改造しやすい構造になっているという。ユーザーのフィードバックをもらい、様々な利用シーンに合わせてカスタマイズできるモデルとして販売を行うとしている。また、量産モデルへのアップグレードパスも準備予定。

株式会社アトラックラボ

関連する記事

Walmart、ドローン配送を開始〜ドローンで商品が届く日がやってきた!

ドローン配送で買い物もいよいよ現実味を帯びてきた新規事業でドローン関連の多くの特許を取得している世界最大のスーパーマーケットチェーンのWalmart(日本の西友もその傘下)は、ノー... 続きを読む

アトラックラボ、アバターロボットに最適なローバー型ロボット「AT-CARTベーシック」発売

株式会社アトラックラボは、無人搬送車のベースとなるローバー型ロボット「AT-CARTベーシック」を発売した。価格は税別18万円で、シャーシは組み立て済み完成品。 AT-CAR... 続きを読む

DFA、陸上配送ロボット「YAPE」商用プログラム・パートナー企業を5社限定で募集

株式会社Drone Future Aviation(以下:DFA)は、EC化の進展と労働力不足を背景に自動運転技術の導入が期待されるラストワンマイルの配送を担う、陸上配送ロボット「... 続きを読む

楽天と東急リゾーツ&ステイ、「グラマラスダイニング蓼科」にて自動走行ロボットで商品配送サービス提供

楽天株式会社と東急リゾーツ&ステイ株式会社は、東急リゾーツ&ステイが運営する長野県茅野市の複合リゾート施設「東急リゾートタウン蓼科」のグランピング施設「グラマラスダイニング蓼科」に... 続きを読む

Refraction、自律型UGV REV-1で食料品配送実施

街で配達ロボットを突然見かけたら?どう思うだろうか?まだほとんどの人が遭遇したことはないだろうが、世界のいくつかの都市ではもう始まっている。未来の絵空事がいよいよ身近になるのだ。 ... 続きを読む